シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「アホ」ではなく「ガチ」で煩悩と聖性に向き合った山本政志!

  • 水の声を聞く
    ★★★★

    鬼才・山本政志が『恋の渦』のプロデューサーとして荒稼ぎしたカネを自分の監督作に注ぎ込んだ問題の一本だが(笑)、えっらい真面目な映画で驚愕した。

    物語はビジネス目的でインチキ新興宗教を設立した在日韓国人のヒロインの変化を描くもの。偽物と本物が皮肉に転倒する救済システムの現実を通して、民衆の「欲望の構造」を明晰に描く。その先にベルイマンの『処女の泉』を連想させるイメージを用意している。

    煩悩まみれの薄汚れた世俗の中で、いかに「聖性」は立ち上がるか――との考察は山本作品の根幹にある主題だと思うが、今回は直接スピリチュアリズムに取り組み「ガチ感」が強い。幻の未完作『熊楠』への想いも掻き立てられる。

⇒映画短評の見方

森 直人

森 直人

略歴: 映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「Numero TOKYO (Web)」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況: YouTube配信番組『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。8月30日より、田中征爾監督(『メランコリック』)の回を配信中。ほか、大崎章監督(『無限ファンデーション』)、安里麻里監督(『アンダー・ユア・ベッド』)、深田晃司監督(『よこがお』)、映画ジャーナリストの徐昊辰さん(2019年上半期映画興行について)、江口カン監督(『ザ・ファブル』)、長久允監督(『ウィーアーリトルゾンビーズ』)、工藤梨穂監督(『オーファンズ・ブルース』)、三宅唱監督(『ワイルドツアー』)、佐向大監督(『教誨師』)、片山慎三監督×松浦祐也さん×和田光沙さん(『岬の兄妹』チーム)、二宮健監督(『チワワちゃん』『疑惑とダンス』)、広瀬奈々子監督(『夜明け』)、緒方貴臣監督(『飢えたライオン』)、関根光才監督(『太陽の塔』『生きてるだけで、愛。』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

» 森 直人 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク