ADVERTISEMENT

西海岸ロック・シーン黎明期のワクワク感が甦る

2022年5月28日 なかざわひでゆき エコー・イン・ザ・キャニオン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
エコー・イン・ザ・キャニオン

 先に日本公開された『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』は、ミュージシャンの楽園ローレル・キャニオンの風土を通して西海岸ロック・シーンの黄金期を振り返ったが、本作ではそこに集ったアーティストたちの創作活動にフォーカス。ビートルズの登場に衝撃を受けたアメリカの若者たちが、まるで引き寄せられるように西海岸へ集結して新たなムーブメントを起こしていく、その「始まりの時代」のワクワクするような高揚感を今に伝える。ビートルズがザ・バーズやビーチボーイズに影響を与え、「ペット・サウンド」に刺激されて「サージェント・ペパーズ~」が生まれる。互いに共鳴し合うミュージシャンたちの青春回顧録だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT