ADVERTISEMENT

時代に流されない仕立て屋の職人魂

2015年2月12日 なかざわひでゆき 繕い裁つ人 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
繕い裁つ人

 前作「ぶどうのなみだ」の非現実的過ぎる無国籍な西洋趣味にはついていけなかったものの、今回は神戸が舞台ということもあってか、三島監督のレトロなオシャレ感覚が違和感なく作品の世界に溶け込んでいる。
 物語の主軸はファストファッションの時代に逆行するような仕立て屋の職人魂。本当に良い服は流行に左右されることなく、着る人の人生に寄り添い歩んでいく。モノを大切にすることの精神を描くと共に、モノを作る側と使う側の幸福な関係を模索する作品だと言えよう。
 映像的にもドラマ的にも極めて端正な映画だが、その生真面目さがどこか浮世離れした理想主義にも感じられてしまう。そこが少なからず食い足りない点だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT