ADVERTISEMENT

安全運転でドライブをしすぎ、じゃないかな?

2015年3月1日 轟 夕起夫 ドライブ・ハード ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ドライブ・ハード

 導入は快調だった。自動車教習所の教官が、助手席に乗せた初対面の教習生(実は強盗のプロ)に騙され、あっという間に共謀者に仕立てられてしまう。教官は元チャンピオン・レーサーで、その腕を見込んでの計画的犯行。ストーリー運び同様、カット割りの手際の良さに期待が膨らむ。ハンドルを握るT・ジェーン。助手席にJ・キューザック。組み合わせも悪くない。が、しかしカーチェイスは以後不発、助手席側が主導権を握り、相手の人生をナビするアイロニーも弾けず、バディ・ムービーとしてはもの足りなさが。活劇の血は沸騰することなく、車内のトークもゆるゆる。まあ、このような小品に、目くじらを立てるのはオトナ気ないのだけれども。

轟 夕起夫

轟 夕起夫

略歴:文筆稼業。1963年東京都生まれ。「キネマ旬報」「映画秘宝」「クイック・ジャパン」「DVD&ブルーレイでーた」「QJweb」などで執筆中。近著(編著・執筆協力)に、『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』(スペースシャワーブックス)、『寅さん語録』(ぴあ)、『冒険監督』(ぱる出版)など。

近況:またもやボチボチと。よろしくお願いいたします。

サイト: https://todorokiyukio.net

轟 夕起夫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT