シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

相馬 学 さんの映画短評

全492件中1~5件を表示しています。 Next »
  • パッドマン 5億人の女性を救った男
    多様性を見据えつつ、ぬくもりを宿らせた快作
    ★★★★

     夫は妻を救いたい一心で生理用品をつくるが、妻には生理のみならず、夫の行動さえも恥ずかしい。そんな男女の考え方の違いがドラマを面白く転がす。

     愛し合っていても、感情のすれ違いは彼らを別れさせ、そこに別の女性が介入。そしてその女性は生理をさほど恥ずかしいと思っていない。田舎の女性と都会の女性の物の見方の違いも興味深い。

     このような多様性を踏まえつつドラマチックな物語を紡ぎ出した点に、インド映画界の底力を痛感。ハラスメントの境界を探る上でも参考になる!? いずれにしても『マダム・イン・ニューヨーク』のガウリ・シンデー監督を妻に持つ演出家R.バールキの愛情が作らせたのは間違いない。温かい。

  • セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!
    時代の変化にとまどう者たちの愛すべき物語
    ★★★★

     ソ連の崩壊により、地球に帰還できなくなったロシアの宇宙飛行士の実話に目を付けた点が、まずイイ。迎え入れてくれるはずの国を失った者のペーソスがユーモアとともに、ジワッとあふれ出る。

     一方、彼と無線で交流する主人公はキューバ人で、こちらも社会主義圏の崩壊により、先の見えない生活を余儀なくされている。一観客として深く共感できるのはこちらの方。時代の変化に対するとまどいが、よく表われている。

     共産主義思想に関する描写を抑制したことで庶民の普遍的な悲喜劇の側面が強く出た。アクが強くないのでその点は物足りないが、人間ドラマはなかなかいい味を出している。愛らしい子役の配置も巧い。

  • 来る
    魔物よりも、怖いのは、やはり人間
    ★★★★★

     “ホラーを作ったという感覚は、あまりない”と中島監督は語るが、それも納得。オカルトの要素を除けば、そこにあるのは人間の悪意という監督お得意のテーマだ。

     妻夫木演じる育児ブロガーのようにハナっからうさん臭いのもいれば、その妻のように一見いい人だがそうでもない人もいる。そんなキャラクターの悪意のあぶり出しがサスペンスフル。法事や結婚式の列席者の心ない声を切り取る、不穏な空気の高まりも巧い。

     鮮血や毛虫などのイメージを効果的に配したショック描写も光るし、魔物が何をターゲットにしているかを考えてみるのも一興だが、それら以上に人間の悪意が恐ろしく思える。イヤーな気持ちになれる逸品。

  • へレディタリー/継承
    ジャンル映画の枠を超えた、2時間強の悪夢
    ★★★★★

     ホラーのようなジャンル映画は90分程度で尺が収まるものだが、本作は2時間超え。それでいて、まったく飽きさせないどころか、どんどんのめりこませるのだから恐れ入る。

     祖母を亡くした一家の重苦しい空気は次第に不穏なものへと変容。映像の構図、ライティング、音響にいたるまで、とにかく見る者を落ち着かせない。T・コレットの神経衰弱ぎりぎりの演技もスゴいし、子役のホラー顔も強烈だ。

     『イン・ザ・ベッドルーム』のような徹底して冷ややかな家族ドラマに『ローズマリーの赤ちゃん』のようなオカルトをブレンドした凄み。これはただのジャンル映画ではない。新鋭A・アスターには、今後の大仕事を期待していいと思う。

  • くるみ割り人形と秘密の王国
    マジカルなビジュアルは、さすがディズニー
    ★★★★★

     バレエの「くるみ割り人形」をモチーフにしながらも、お話は別物。封建社会を生きる自立心の強い少女の冒険の物語という点では、同じディズニーの『アリス・イン・ワンダーランド』の別バージョンとも言える。

     ヒロインの成長物語としてはディズニーらしい安定感があるが、冒険活劇としては少々食い足りない。意外なヴィランが現われる中盤の展開など、唐突な箇所も見受けられ、『アリス~』ほどのカタルシスがないのは残念。

     とはいえ、映像のマジカルな魅力は目を奪うに十分で、異世界のセットも美術も衣装も見事に作りこまれている。チャイコフスキーのオリジナルのバレエ曲が重なると、それはいっそう映える。

全492件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク