シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

相馬 学 さんの映画短評

全445件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ルームロンダリング
    「閉」から「開」へ向かう成長のファンタジー
    ★★★★

     いわくつきの不動産物件を浄化する職業=ルームロンダリングという設定が、まず面白い。住人が悲劇的な死を遂げた部屋に住んで、動じずにいられるのは本作のヒロインくらいだろう。

     他人と話すくらいなら幽霊と話していた方がマシというほどの彼女だから、その心の閉じっぷりは相当なもの。そんな彼女と、幽霊との交流がユーモラスで、またシミるものもある。幽霊の声に耳を傾けるうちに開いていく心。人間ドラマのナチュラルな展開が魅力。

     セリフの少ない難役ながら「閉」から「開」へといたる心模様を体現した池田エライザに女優としての大きな可能性を見た。悪党であっても悪ではないオダギリジョーの好助演も光る。

  • ジュラシック・ワールド/炎の王国
    単なる恐竜パニック映画からの劇的な脱皮
    ★★★★★

     正直、このような展開になるとは想像していなかった。これは嬉しい驚き、だ。

     恐竜パニックを純粋なエンタテインメントに仕立てることが、これまでのシリーズのトーンだったが、今回は違う。“人間がつくってしまった「命」と、人はどう対峙するか?”という、フランケンシュタインにも似たテーマが脈づく。恐竜パニックは相変わらずスリリングだが、テーマの重さがググッとのしかかり、歯応えは格別だ。

     そういう意味では、毎回、硬派なメッセージを込めてきたリブート版『猿の惑星』シリーズに近い。見る前と見た後では、“ジュラシック・ワールド”という言葉の意味が、違ってくるはず。続きが待ち遠しい。

  • グッバイ・ゴダール!
    映画史に名を刻む天才はダメ男でもあった!?
    ★★★★

     ヌーヴェルヴァーグ史の一時期の裏側を覗き見ることができるのは映画ファンとしては嬉しいところ。しかし、目指すのは単なる内幕モノではなく、悲しい結末に終わったラブストーリーだ。

     偉大な才能を持つゴダールの”頭でっかち”と、若いアンナの”天真爛漫”の共存に無理が生じることは一目瞭然。アンナ側の原作に基づいているので公平とは言えないかもだが、高飛車で嫉妬深いゴダールのダメ男ぶりが際立ち、奇妙な共感とともに楽しめた。

     60年代らしいカラフルな絵作りはモノクロの『アーティスト』とは対極にあるが、スタイリッシュである点はアザナヴィシウス監督らしさ。メロドラマに宿るポップな感性も健在だ。

  • ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
    実話ベースゆえに怖いアメリカン・ゴシック
    ★★★★

     自社の銃で命を落とした人の霊を慰めるため、いつまでも部屋が増築され続ける大邸宅。そんな実話を基にしているというだけで、ホラーとしての面白さは約束されたようなもの。

     ゾンビや吸血鬼、SF、そして『ソウ』シリーズ最新作と、多彩なスリラーを撮ってきたスピエリッグ兄弟だが、オカルトに挑戦した本作ではゴシックな雰囲気を徹底。廊下や階段のビジュアルに加え、屋敷の俯瞰映像にも、なにかまがまがしいものを感じさせ、緊張を増幅させる。

     しかしなんといっても圧倒的なのは喪服姿オンリーのH・ミレン。目力の効いた演技は、このジャンルでも凄みを感じさせる。『鬼教師ミセス・ティングル』以来の怪演。

  • オンリー・ザ・ブレイブ
    古き良き男気映画の復権? とにかくアツい
    ★★★★

     風向きを読み、放水ではなく、火で火を食い止める、その仕事ぶりの描写が丁寧で、まずそこに見入ってしまう。

     森林消防は危険な仕事ゆえに訓練もハードで、さらに彼らには”ホットショット”という最前線消防隊の座という目標もある。そんな展開にスポ根ノリを宿らせつつケンカや友情、任務の際にも漏れる冗談など、男社会のグルーヴを伝える。『スラップショット』のような1970年代の男気映画を連想させるつくりが味。

     職人肌の体調にふんするJ・ブローリンと、元ヤク中の新人M・テラーの主演コンビもいいが、粗暴だが“話してみるいいヤツ”的なキャラのT・キッチュも印象的な仕事ぶり。役者も味のある男ぞろいでイイ。

全445件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク