シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

贖罪と再生というテーマにしっかり向き合った作品

  • 起終点駅 ターミナル
    ★★★★

     過去の罪悪感から自らを罰するように孤独な生活を送る中年男が、複雑な事情を抱えた若い女性との出会いと交流を通じ、人生の新たな一歩を踏み出す。
     ことさらドラマチックな出来事が起きるわけでもなく、荒涼とした冬の北海道の景色に主人公の抱える哀しみを投影しつつ、淡々とした静かな語り口で揺れ動く心を丁寧に汲み取る。贖罪と再生というテーマにきちんと向き合った心に染み入る映画だ。
     その佇まいだけで言葉にならない心情を表現する佐藤浩市の演技はさすが。惜しむらくはヒロイン役の本田翼だ。果敢に新境地へ挑んではいるものの力量不足は否めず。彼女の内面がしっかりと伝われば、より奥行きのある作品になっただろう。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク