シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

不条理な風刺劇に今の日本も透けて見える!?

  • ロブスター
    ★★★★

     結婚しない人間は不要(同性婚はOK)とされ、罰として動物に変えられてしまう近未来。そんな社会システムに抵抗してレジスタンス組織へ加わる主人公だが、こちらでは反対に恋愛やカップルが厳罰の対象だった。
     一見すると不条理で難解なストーリーを紐解く鍵は“ルール”。どこの社会や組織にも法律や常識という名のルールが存在し、それによって集合体の秩序が守られる。だが、もしそのルールが個人の自由意思の領域にまで適用されたら…?という不安を、まるで冗談のような設定で描いた風刺劇だと言えよう。
     とはいえ、不倫という個人の問題に社会的制裁が加えられてしまう昨今の日本を見ると、冗談では済まされないようにも思える。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク