ADVERTISEMENT

洋画の「限定公開」はむしろ秀作の証かも

2013年12月25日 森 直人 オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

本作は一週間限定公開(関東・近畿地区のみ)。そんな洋画こそ要注目。最近では『クロニクル』が良い例だが、なんとか日本でも劇場で掛けて評価の壇上に乗せたい!という配給・宣伝の「熱」が背後にあるからだ。

実際、これは拾い物以上の面白さ。「80年代感」たっぷりの爽やかなスモールタウン物。主演のアントン・イェルチンは『ティーン・ウルフ』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の頃のマイケル・J・フォックスを彷彿とさせる感じ。

何よりの驚きは、『ハムナプトラ』など大味系のS・ソマーズ監督が軽快に演出力を発揮していること。ホラー、アクション、青春ラブストーリーなどの諸要素を小ぶりのサイズで巧くまとめている。

森 直人

森 直人

略歴:映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「メンズノンノ」「Numero TOKYO 」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況:YouTubeチャンネル『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。5月11日より、川和田恵真監督(『マイスモールランド』)の回を配信中。ほか、東盛あいか監督(『ばちらぬん』)、長久允監督(『DEATH DAYS』)、松居大悟監督(『ちょっと思い出しただけ』)、舩橋淳監督(『ある職場』)、犬童一心監督(『名付けようのない踊り』)、片山慎三監督(『さがす』)、二宮健監督(『真夜中乙女戦争』)、原一男監督&小林佐智子プロデューサー(『水俣曼荼羅』)、前田聖来監督(『幕が下りたら会いましょう』)、松浦祐也さん&カトウシンスケさん(『ONODA 一万夜を越えて』)、首藤凜監督(『ひらいて』)、大石規湖監督(『fOUL』)、𠮷田恵輔監督(『空白』)、春本雄二郎監督(『由宇子の天秤』)、ウエダアツシ監督(『うみべの女の子』)、沖田修一監督(『子供はわかってあげない』)、内山雄人監督(『パンケーキを毒見する』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

森 直人さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT