シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

英国ハムステッド散策気分が味わえる

  •  映画の主役は原題の"ハムステッド"。ロンドンの北方、カムデン・ロンドン特別区にあり、この街最大の公園ハムステッド・ヒースと高級住宅街で知られるこの土地のさまざまな風景が描かれる。それを映し出す視点は、ダイアン・キートン演じるアメリカから来てここに住む主人公。これは、部外者から見た英国的な英国なのだ。公園の緑の柔らかさ、人間がこっそり暮らせるほどの広大さ。古風で瀟洒なお店が並ぶ静かな通り。そんな絵に描いたような英国の風景がウットリもの。そして、高級住宅に住む女性たちの微妙にイヤな感じも英国流。「ファントム・スレッド」のレスリー・マンヴィルが、上品なままコワい英国女性の真髄を味あわせてくれる。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: 「ゲーム・オブ・スローンズ」のスターク家の兄のほう、リチャード・マッデン主演の「ボディガード -守るべきもの-」@Netflix。マッデンが急にジェームズ・ボンド役の候補の噂になったのはこの作品のせいなのかと思いながら見るのも一興。 クリス・パイン主演の「アウトロー・キング ~スコットランドの英雄~」は、スコットランド人監督デヴィッド・マッケンジーによるスコットランド気質映画。湿地での泥まみれの戦闘が迫力もの。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク