シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

万田邦敏監督はフェミニストである

  • イヌミチ
    ★★★★

     万田監督には、なぜ現代を生きる女性の心理が分かるのか?と毎度驚かされる。『UNLOVED』も『接吻』も夫人と共同脚本を務めたことも大きいが、ヒロインは自問した末に世間におもねることなく己の道を突き進む。女の方が男前なのだ。映画美学校の学生と製作した本作もしかり。
     多忙な雑誌編集者が、見ず知らずの男性の飼い犬となって現実逃避を図ることで日常を見つめ直す。ファンタジーとリアルの境界線で女性の真理をあぶりだし、かつ現世と隔離された古民家で繰り広げられる密室劇のスリリングさもたまらない。
     学生映画ゆえ未熟な部分はあるかもしれない。しかし大衆に迎合しない潔さと機知に富んだアイデアが詰まってる。

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごと博物館内で「おしごとシアター」などで執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク