シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディーン・フジオカが好演。確かに最高傑作

  • 記憶にございません!
    ★★★★★

    三谷幸喜監督最高傑作と言うキャッチコピーに間違いなし。過去作では正直、物語のスジと関係があるのかよくわからない脇のエピソードもありましたが、今回はそれらも全部、本筋に有機的に繋がっています。
    相変わらず、隅々まで豪華キャストですが、秘書官を演じるディーン・フジオカのクールな佇まいが良く。ストーリがバタバタしそうになると、彼がスッとやってきて流れを落ちつけさせてくれます。
    三谷幸喜監督作品はちょっと…。という方こそご覧いただきたいです。

⇒映画短評の見方

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴: 脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況: 新たに短評を担当させていただきますお一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

» 村松 健太郎 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク