村松 健太郎

村松 健太郎

略歴: 脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆屋。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況: お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎 さんの映画短評

全568件中1~5件を表示しています。 Next »
  • シティーハンター
    幸せな実写化
    ★★★★

    これは幸せな実写化ですね。原作へのリスペクトが強い鈴木亮平主演のという代えがたい肉体の持ち主によって、完璧な冴羽獠がリアルな存在になりました。相棒・槇村の死のシーンやエンジェルダストなど原作ファンにはニヤリとさせる展開も多分に含みつつ、初見の人間にも楽しめるハードボイルド&ギャグ映画に仕上がっていました。そしてエンディングはやはり「GETWILD」!。見たかった”シティハンター”を見ることができました。これ一本なんて寂しいことは言わずにシリーズ展開を強く希望します。

  • 前作で悲願の興行収入100億円の大台を突破した大ヒットフランチャイズ最新作。お祭りに近かった前作を受けて今回は怪盗キッドを投入してきました。しかも今回は”怪盗キッドの正体が!?”というかなりセンセーショナルな売り文句が。ただ、映画を見てるとそういった部分やキャラクター人気に乗っかるだけの映画ではなく、良質なサスペンスアドベンチャー映画に仕上がっていました。色々あっての今作なのでもっと浮足立つ感じが伝わってくるのかと思いましたが、意外なほどに地に足が着いた映画でした。堂々たる横綱相撲と言ったところでしょう。

  • ゴジラxコング 新たなる帝国
    愛嬌が増しました
    ★★★★★

    ゴジラとコングという二大巨頭が並び立つモンスター・ヴァース最新作。前作ではあくまでも対決路線を堅持していましたが、今回はW主役路線となり、どっちが強いかはあまり関係なくなりました。若干コングよりのエピソードが多い気がするのはアメリカ製だからでしょうか?まぁゴジラとコングが横に並ぶのですから、頼もしい事この上ありません。人間のキャラクターの比重が少なくなった分、二大巨頭の性格描写が増えました。類人猿の延長線上にいるコングはもちろんゴジラの方も随分人間臭くて愛嬌が増えました。昭和怪獣映画の空気感を感じました。

  • 悪は存在しない
    久しぶりに映画に突き放されてました
    ★★★★

    久しぶりに突き放されて終わる映画でした。いつの頃から伏線や描写は回収されるものということが決まりごとの様になっていましたが、こういう映画もあっていいんだよなと改めて思わせてくれる一本でした。
    全編に渡って映し出される自然の雄大さ、美しさが非常に映えて見えて、その分、そこに登場する人間の小ささ、行いの些末さを感じさせる形になっています。見た人同士でいろいろと意見交換がしたくなる一本です。

  • 陰陽師0
    荒々しい清明
    ★★★★

    現在の大河ドラマを含めてこれまでの映像化作品ではすでに完成された安倍晴明が描かれてきましたが、今回は若々しい安倍晴明が登場します。夢枕獏の小説を基にしているので相棒として源博雅が登場します。これを演じるのが染谷将太。山?賢人演じる若々しい超人・安倍晴明と染谷将太演じる楽人・源博雅の並びは意外なほどにはまりました、今回はタイトル通り”エピソード0”なので”はじまりの物語”で終わっているので、できる事ならこのコンビで”続き”が見たいなと思います。監督が佐藤嗣麻子監督なので外連味たっぷりのアクション活劇でした。

全568件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク