シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スクリューボール失格。

  • わたしのハワイの歩きかた
    ★★★★

    冒頭から女性上位のマシンガン・トーク、前田弘二監督は前作『婚前特急』を観てもスクリューボール・コメディに対する憧れがあるのだろうし、今回の榮倉&高梨も超特急の台詞回しは健闘しているのだが、いかんせん作品自体にスピード感がまったくない。これじゃ前作と同じ轍、である。せっかくの高速台詞を驚くほど平気に寸断し、とりわけ何も起こらぬただ停滞した時間をそこかしこに現出させる無神経な演出は、仕事でハワイに出張しながら呑んでるだけで何もしない(!)主人公のあり得なさ以上に理解できない。そんな中で浮き出るのが好調・池松壮亮。アドリブっぽい居酒屋シーンに演技勘の冴えが伺えるが、その彼の扱い方もまたヒドくて…。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、大阪・天六のブックカフェ「ワイルドバンチ」で月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤の日曜日には鼠を殺せ」を主宰。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「SAVVY」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。ちょいと私事でレヴューをアップし損ねてましたが、どんどん書いていきます。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク