『キャタピラー』などの寺島しのぶら出演!映画『母 小林多喜二の母の物語』ダイジェスト映像

シネマトゥデイ 63,793回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

プロレタリア文学を代表する、小説「蟹工船」などの作家・小林多喜二の母を『キャタピラー』などの寺島しのぶが演じたドラマ。危険な思想を持っているとされ、国家権力によって殺された多喜二を信じる母の姿を描く。多喜二には『ゼウスの法廷』などの塩谷瞬がふんする。原作は、映像化もされた「氷点」などの三浦綾子、メガホンを取るのは『大地の詩 -留岡幸助物語-』などの山田火砂子。権力の横暴、政治や戦争に家族の命を奪われることの無念が印象に残る。
作品情報:cinematoday.jp
製作: 現代ぷろだくしょん
gendaipro.com

母 小林多喜二の母の物語』の動画

[PR]

関連動画

[PR]