シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
.

清水 節

清水 節

略歴: 編集者・映画評論家・クリエイティブディレクター|1962年東京生まれ|●新潮新書「スター・ウォーズ学」共著●「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」共著●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成原案・取材(受賞:国際エミー賞 芸術番組部門/日本民間放送連盟賞 最優秀賞/ギャラクシー賞 奨励賞)

近況: ●「キングコング:髑髏島の巨神」劇場プログラム●J-WAVE「BOOK BAR」●集英社「kotoba」冬号<蒐集家の悦楽>ギレルモ・デル・トロの悪夢と恐怖の屋敷・荒涼館●映画.comコラム「この世界の片隅に」ドキュメント・レビュー●円谷プロ「金城哲夫賞」プロジェクト●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」●文化放送「パズル」●TBSラジオ「堀尾正明+PLUS!」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

⇒映画短評の見方

清水 節 さんの映画短評

全162件中1~5件を表示しています。 Next »
  • キングコング:髑髏島の巨神
    〈コングの黙示録〉で導入する恐怖の「ラ・ラ・怪獣ランド」体験
    ★★★★★

    『地獄の黙示録』の神秘性に、大怪獣バトル映画の醍醐味を掛け合わせるというハイブリッドの意外性。ツカミは十分だ。コング映画の要素から、美女と野獣のロマンスと都市上陸大破壊のスペクタクルを配して見せ場を神秘の島に限定し、野生のコングの生命力と戦闘能力をそそり立たせた。怪獣どもの造形はオリジナリティに富んでいる。小気味よいテンポで魅せる、スピーディーかつ多彩な肉弾戦の組み立て。70年代カルチャーや日本発のサブカル、ゲーム世代の感覚の取り込み。『ラ・ラ・ランド』のチャゼル監督と同じ32歳の俊英ロバーツ監督が生み出した、ポップな「ラ・ラ・怪獣ランド」は、最強のエンターテインメント映画だ。

  • ひるね姫 ~知らないワタシの物語~
    日常を起点とする三世代ファンタジーは神山健治作品の第四形態!
    ★★★★★

     緻密に仕組んだ少女の夢と現実の交錯によって、三世代にわたるファミリーストーリーを解明していく画期的なファンタジーだ。夢の世界は、祖父が築き上げた窮屈な高度テクノロジー社会に、虚構や創造を愛する父が反旗を翻すイメージ。その夢が知られざる真実を娘に示唆していく過程がスリリング。テクノロジーの発展をハードとソフトの相克と捉えない、屈託なき娘のしなやかな想像力は、世代間の綻びを修復する。神山健治作品が、同時代の観客に合わせて進化した。世界と個の関係を描いた『攻殻S.A.C.』以降を第二形態、世代間の差異を描いた『東のエデン』を第三形態とすれば、日常を起点とする本作は神山作品の第四形態に当たるだろう。

  • 3月のライオン 前編
    一人ひとりが人生を背負った人間として息づく感情のスペクタクル
    ★★★★★

     居場所を求め、「将棋しかなかった」少年が、プロとして自立する覚悟を描く前編。大友啓史演出は、悩み苦しみ闘い続ける普遍的な青春像を搾り出す。原作マンガからトレースしたキャラクターではなく、人生を背負った個々の人間が呼吸している。主要エピソードを満遍なく盛り込んでも、決して連続ドラマの総集編にならないのは、桐山零に同化した神木隆之介を始めとする俳優陣の一挙手一投足が、“行間”を十二分に埋めているから。対局シーンでは、ただ盤面を挟んで向き合う棋士同士の表情が映し出されるが、それは、横溢する感情のスペクタクルとして観る者を圧倒する。前後編公開という日本独自の興行形態には、このクオリティが必要だ。

  • モアナと伝説の海
    アクションはマッドマックスばり! 屋比久知奈の吹替版も必聴
    ★★★★

     予定調和的に幸福をつかむ物語を過去のものとし、同時代のヒロイン像を追求し続けてきたディズニーアニメが、ここまで到達したかという感慨が深い。オセアニア文化をベースに描かれるのは、恋愛の苦悩ではなく、本能に従って大海原へと向かう少女の旅立ち。トロピカルなイメージを抱いていれば、マッドマックスばりのアクションシーンに度肝を抜かれる。進化したCGIによる、豊かな海の表情に眼を瞠る。テーマは、甦るプリミティブな身体性。ブロードウェイの売れっ子の作詞作曲による主題歌が耳に残る。オリジナル版の歌唱に負けず劣らず、日本語吹替版で大抜擢された新人・屋比久知奈の伸びやかで力強い歌声が、世界観を鮮やかに体現する。

  • 哭声/コクソン
    独自の知見に基づく読解を求め、監督は惑わし攪乱し挑んでいる
    ★★★★★

     監督がテーマや読解法を語らず、謎めいたまま世に放たれた韓国映画の怪作。連続殺人の謎解きミステリーかと思いきや、オカルト映画やゾンビ映画に変質する。犯人の疑いを掛けられた素性の知れぬ“よそ者”への、人々の先入観や思い込みに応じて変化しているように映る。不安におののく集団の想念が、悪の姿形を変容させているのではないか。メディアの報じ方によって話題の人物の印象がくるくると変わるように。オープニングで「新約聖書」が引用される。肉と骨をともなってイエスが復活した教えを、本作は、悪意の実体化に置き換えたと僕は読解した。観る者独自の知見に基づく読解を求め、ナ・ホンジン監督は、惑わし攪乱し挑んでいる。

全162件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク