斎藤工&板谷由夏『1917 命をかけた伝令』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』『Red』『1917 命をかけた伝令』『ミッドサマー』の4本。

 斎藤工が自身が企画、原案、モデル、声、撮影、脚本、監督を務めた『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』ひっさげ、日本映画界と放送倫理に物申す!

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工と板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週月曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

[PR]

2月中下旬のイチオシ作品はコレ!

『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』2月21日公開

 『blank13』などで映画監督としても活躍する齊藤工が企画・原案・撮影・脚本・監督などを担当した意欲作。コンプライアンス、自主規制といった問題に一石を投じようと考えた齊藤監督のもとに映画監督やアーティストたちが集まり、音楽、実写、人形アニメーションなどさまざまな表現による映像を作り上げた。 【⇒作品情報はこちら】

『Red』2月21日公開

 直木賞作家・島本理生の長編小説を実写映画化。誰もがうらやむ生活を送っていた人妻の運命が、思いも寄らない方向に動き出す。 【⇒作品情報はこちら】

『1917 命をかけた伝令』2月14日公開

 第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を通してワンカットに見える映像で映し出す。 【⇒作品情報はこちら】

『ミッドサマー』2月21日公開

 長編デビュー作『へレディタリー/継承』で注目されたアリ・アスターが監督と脚本を務めた異色ミステリー。スウェーデンの奥地を訪れた大学生たちが遭遇する悪夢を映し出す。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『1917 命をかけた伝令』(2月14日公開)
『影裏』(2月14日公開)
『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(2月14日公開)
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』(2月21日公開)
『ミッドサマー』(2月21日公開)
『Red』(2月21日公開)
『スキャンダル』(2月21日公開)
『スウィング・キッズ』(2月21日公開)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]