『DESTINY 鎌倉ものがたり』堺雅人&高畑充希 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『DESTINY 鎌倉ものがたり』堺雅人&高畑充希 単独インタビュー

年の差夫婦役でも信頼はバッチリ

取材・文:磯部正和 写真:高野広美

西岸良平の人気漫画を『ALWAYS』シリーズの山崎貴監督が実写映画化した『DESTINY 鎌倉ものがたり』。本作で、年の離れた夫婦を演じたのが、堺雅人高畑充希だ。堺はNHKの大河ドラマ「真田丸」、高畑は連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影終了後、初の映像作品となった。彼らはいったいどんな思いで臨んだのだろうか。お互いの印象を含め、堺と高畑が撮影を振り返った。

[PR]

人には言えないプライベートな話もたくさん!

堺雅人&高畑充希

Q:とてもファンタジックな夫婦の愛の物語ですが、最初に台本を読んだとき、どんな印象を持ちましたか?

堺雅人(以下、堺):豪華キャストだし、大きな大きな物語だと思っていたのですが、台本を読むと、ものすごくシンプルで誰でも親しみが感じられる物語。おとぎ話のような、昔話のような感じがして、心に残りました。大きさよりも、夫婦という小さな世界観に惹かれたところがあったので、妻との関係を大切に演じたらおもしろいんじゃないかと思いました。

高畑充希(以下、高畑):シーンごとの顔まで思い浮かべちゃうぐらい台本が完璧だなと思ったんです。わたしが演じた亜紀子というキャラクターは、どこかフラフラしていたいという思いがあったので“まずい”って思っちゃいました(笑)。

Q:年の離れた夫婦の設定でしたが、何か意識した部分はありますか?

堺:特にはなかったかな。高畑さんとはNHKの廊下で会釈するぐらいはあったけれど、ほぼ初対面。でも根拠のない安心感と信頼感があったので、特にいろいろ考えることなく、山崎監督に言われた通り進めていった感じです。

高畑:わたしは、堺さんの過去の作品をいろいろ拝見していたので、安心して飛び込ませていただこうという気持ちは最初からありました。もちろん、すごいチームだったので、最初は戸惑いや緊張はありましたが、途中から肩の力が抜けて、堺さんに寄りかかるような気持ちでいました。序盤は家の中のシーンが多く、二人でいることが当たり前の雰囲気になれたのは大きかったです。

Q:劇中では、本当に仲むつまじい夫婦が描かれていました。撮影現場ではたくさんお話をされたのですか?

堺:いろいろな話をしましたが、僕の口からは言えないですね(笑)。

高畑:家族の話とか、家のことをお互いけっこう話しました。プライベートなことって誰にでも話すわけではないのですが、自然と話ができたのは、やっぱり夫婦という設定だったからかもしれません。

堺:肉親感がありましたね。

大河ドラマ、朝ドラ主演で得たことは?

堺雅人&高畑充希

Q:堺さんは大河ドラマ「真田丸」、高畑さんは連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が終わって最初の映像作品の撮影だとお聞きしました。大河、朝ドラを経験したことで、何か変わったことはありましたか?

堺:台本をあっという間に覚えられたなという印象がありました。大河ドラマのときは、ありがたいことなのですが、覚えても次から次へと台本が来るので……。そのペースに慣れていたから「あれ、もう終わり」みたいな。朝ドラもそうじゃない?

高畑:確かに、わたしもこの作品で台本を覚えたという記憶がない(笑)。自然と入ってきたので、あまり「台本覚えなきゃ」って感じはありませんでした。

堺:まあ、大河より圧倒的に朝ドラの方が大変じゃないかな。

高畑:でも大河ドラマって難しい言葉が多いから、違う意味でも大変だと思います。わたしも一度「軍師官兵衛」に出演させていただいたのですが、台本読んで「は~」ってなりました。言い回しとか、現代劇ならニュアンスが合っていればいい部分もありますが、時代劇ってそういうわけにはいかないので、とても難しかったです。

堺:僕の場合、セリフ全部をパクって食べちゃう人なので、噛み応えはありました。でも三谷(幸喜)作品だったので、それほど時代劇時代劇はしていなかったんですよね。

Q:台本の覚え以外に、俳優としてのスキルなど、何か変わったことはありましたか?

堺:あまりそういうのは感じなかったかな。(大河と違って)鎧着なくて良かったとか……。鎧って重くて四十肩が治らなくなっちゃうんだよね。

高畑:この作品もCGがありスタジオでの撮影が多かったので、スタジオに閉じ込められた感は同じでしたね。

堺:共通点は待ち時間が長かったことかな(笑)。

高畑充希のポテンシャルは空恐ろしい!

堺雅人&高畑充希

Q:じっくりと対峙してみて、堺さんは高畑さんという女優さんに対してどんな印象を持ちましたか?

堺:ほめるのが前提ですよね?

高畑:すごく帰りたいです。メタクソボロクソにどうぞ(笑)。

堺:彼女が劇中で、一人二役的な感じて演じ分けが必要なシーンがあるのですが、本当に別人だったんです。それを見たとき、全然自分をさらけ出していない女優さんなんだなって感じて、まだまだ伸びしろがあるんだなと思いました。同時に、こうやって共演して夫婦の役をやって、若奥様としての可愛らしさは存分に感じていたのですが、僕はまだ高畑充希を何も知らなかったんだと空恐ろしくなりました。手を抜いているんだなって(笑)。

高畑:抜いてないです(笑)。でもわたしは、普段自分がどういう人間なのか、自分でもわかっていないんです。だから役柄のために、自分を封印するという感覚がわからない。

Q:では自分のパーソナルな部分を役柄に持ってくるようなアプローチ方法をしないということでしょうか?

高畑:オーディションで自己PRしてくださいと言われるのがものすごく苦手で。自分自身がよくわかっていないんです。隣にいる人で変わってきちゃう。役も、対峙する相手によって大きく変わってきてしまうんです。

Q:俳優さんならではの感覚なのでしょうか?

堺:それって正しいことだと思うんです。例えば自分一人で役をつくっていくと、一人二役みたいな場合、声色や姿勢を変えたりするのが普通だけれど、関係性から作っていくのってすごいことだと思う。でも相手がとんでもないポンコツだったら大失敗してしまう。博打みたいなもんだよね。理想だと思うけど怖い。

高畑:そうですね。信頼がないと危険です。大失敗することもあります(笑)。

演じることがどんどん楽になっていく

堺雅人&高畑充希

Q:亜紀子は正和と出会って、大きく人生が変わりましたが、これまでの俳優人生でターニングポイントとなった出会いや作品はありますか?

堺:僕は高校の演劇部からダラダラやっているのですが、正直モチベーションという意味では昔もいまも変わらないんです。もちろんちょっとずつ変化しているとは思いますが、これといった大きな出来事で何かが変わったということは意識していませんね。

Q:高校で演劇を始めたとき、いまのような活躍は想像していましたか?

堺:それはしていなかったです。ただお芝居って楽しいなという思いだけでした。大学に入って初めて人さまからお金をもらって芝居をしたとき、プロというものを意識して一生懸命やっている時期もあったのですが、やっていくうちに、僕らの仕事って人が決めるんだってわかってきたんです。いくら一人で頑張っていても、呼ばれなきゃ成立しない仕事ですからね。そう思ったら、開き直れて、どんどん楽になっていきましたね。

Q:主役も数多く任されるようになって責任も重くなるのかなと感じるのですが、それでも楽になっていっているのですか?

堺:年を取ると責任転嫁がうまくなるんです(笑)。今回も朝ドラと大河の主役を集めているとか言われても、ヒットしなかったら、企画を考えた人のせいにしてしまおう……みたいなね(笑)。

高畑:そうだそうだ!(笑)

堺:プレッシャーを感じる前に、セリフを覚えなければいけなかったり、自分がどんな役割を果たすかを考えたり、やる仕事はたくさんあるので、しっかりと準備して臨むようにしています。逆に、そういうことをせずに不安を常に抱えている人が、番手やその日のお弁当とかメイクの順番を気にしたりするんじゃないですかね。とは言いつつ、僕も次に会ったときにはメイク時間で目くじら立てる人間になっているかもしれませんけどね(笑)。


堺雅人&高畑充希

堺雅人&高畑充希という18歳の年の差がある実力派俳優が、夫婦を演じた本作。撮影中は「人には話せない」という深いプライベートトークも繰り広げていたそうだが、インタビュー中の二人の距離感からは、俳優としてばかりではなく、人としてもお互い信頼し合っている関係性が垣間見える。とりわけ高畑の女優としての魅力を好奇心いっぱいに探っていた堺の眼差しが「本当に演じることが好きなんだな」と感じさせるほどキラキラ輝いていたのが印象に残った。

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は12月9日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]