耳に残るは君の歌声 (2000)

12月15日公開 97分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

すべてを奪われた少女が、生き別れた父親を求める旅はどんな終幕を迎えるのか。ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ、ケイト・ブランシェットらオールスターキャストが競演する愛と悲しみのドラマ。監督は『タンゴ・レッスン』で世界的に脚光を浴びた女性監督サリー・ポッター。全編にわたって、新星テノール、若手実力派のトップであるサルヴァトーレ・リチートラが歌い上げるオペラは豪華絢爛。ルーマニアン・ジプシーバンド“タラフ・ドゥ・ハイドゥークス”のまるっきり対象的な演奏も映像に深みを加える。

あらすじ

ロシアの貧しい村で母を亡くしたユダヤの少女フィゲレ(クリスティーナ・リッチ)は父と祖母と暮らしていた。しかし、ユダヤ人迫害の危機が迫り、父は娘との再会を約束し渡米する。父が去った後、村は暴徒に襲撃されてしまう。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE MAN WHO CRIED
製作国
イギリス/フランス
配給
  • アスミック・エース
カラー/ドルビーデジタル、DTS、SDDS
(Bunkamuraル・シネマ、シャンテ シネにて)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]