ADVERTISEMENT

ハビエル・バルデム×エル・ファニング『選ばなかったみち』2月日本公開

映画『選ばなかったみち』よりハビエル・バルデム&エル・ファニング
映画『選ばなかったみち』よりハビエル・バルデム&エル・ファニング - (c) BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

 ハビエル・バルデムエル・ファニングが父娘役で初共演を果たした映画『The Roads Not Taken』の邦題が『選ばなかったみち』に決まり、2022年2月25日に日本公開されることが明らかになった。

【画像】まさに天使!エル・ファニングの可愛すぎる着こなし集

 ハビエルが演じたのは、ニューヨークに住むメキシコ人移民レオ。作家だったが認知症を患い、娘のモリー(エル)やヘルパーとの意思疎通も困難になっているキャラクターだ。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出そうとアパートを訪れるが、モリーが隣にいながらもレオの心は、初恋の女性と出会った故郷メキシコや作家生活に行き詰まって一人向かったギリシャへと旅して行き……。父の幻想と娘の現実、同じ空間で別々の24時間を生きる二人の姿が描かれる。

ADVERTISEMENT

 監督・脚本は、『耳に残るは君の歌声』や『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』などのサリー・ポッター。実弟の介護経験から着想を得て生まれたこの意欲作には、ハビエル、エルに加えてローラ・リニーサルマ・ハエックら実力派が集った。第70回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作。(編集部・市川遥)

映画『選ばなかったみち』は2022年2月25日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT