シネマトゥデイ

リリイ・シュシュのすべて (2001)

10月6日公開 146分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リリイ・シュシュのすべて
(c) 2001 Lily Chou-Chou Partners.

見どころ

2000年4月インターネット・ノベルとしてスタート。一般の読者に紛れて監督の岩井俊二がハンドルネームを使いわけ、掲示板にメッセージを書きこんで物語を作りあげていった。カリスマ・ヴォーカリスト、リリイを見事に誕生させた無名の新人は監督のお墨付き。本作はジョージ・ルーカスが採用したという日本初のデジタルビデオカメラ、24プログレッシヴで撮影されるなど、新たな試みに富んでいる。今後のウェブ・サイトの掲示板への書き込みも興味深い。

あらすじ

中学1年の雄一(市原隼人)は同じ剣道部の星野(忍成修吾)や仲間たちと、偶然不良たちから奪いとった金で沖縄旅行したりと楽しくやっていた。が、夏休み明け、星野はクラスのワルを倒したことで豹変し、子分を従えて雄一をイジメ始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ロックウェルアイズ
ビスタサイズ/カラー/DTS5.1ch
(シネマライズ、シネスイッチ銀座)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]