シネマトゥデイ

珈琲時光 (2003)

2004年9月11日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
珈琲時光

見どころ

世界的名匠・小津安二郎の生誕100年を記念し、小津を敬愛する台湾の名匠ホウ・シャオシェンがオマージュを捧げた人間ドラマ。1人の女性の何気ない日常を丹念に描写し、現代日本の人間模様を淡々と綴る。主演は、自身も台湾人の父親を持つ人気歌手・一青窈。共演には若手人気俳優・浅野忠信をはじめ、萩原聖人、小林稔侍、余貴美子ら実力派が勢揃い。舞台となった神保町の古書店街や鬼子母神界隈など、そこに暮らす人々の生活感を捉えた映像が印象的。

あらすじ

資料探しに古書店街へ出向くうちに親しくなったフリーライターの陽子(一青窃)と、古書店二代目の肇(浅野忠信)。肇は陽子に想いを寄せているが、その気持ちを伝えられずにいた。ある日、高崎の実家に帰省した陽子は両親に妊娠していることを告げる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 松竹
カラー/ドルビーデジタル/ビスタサイズ
(松竹系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]