シネマトゥデイ

ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003)

2004年7月3日公開 140分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ワイルド・レンジ 最後の銃撃

見どころ

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー作品賞と監督賞に輝いたケビン・コスナーが製作、監督、主演を務めた本格西部劇大作。町を牛耳る悪人とカウボーイたちの死闘を正統派のアプローチで描き、全米ではロングランヒットを記録した。共演は『ウォルター少年と、夏の日』のロバート・デュバル、『アメリカン・ビューティー』のアネット・ベニングら。ラスト20分間以上にわたって繰り広げられるリアルな銃撃戦が見ものだ。

あらすじ

19世紀アメリカ西部。リーダーのボス(ロバート・デュバル)とその相棒チャーリー(ケビン・コスナー)ら4人のカウボーイたちはハーモン郡の町を通りかかる。だが、彼らは町を仕切る牧場主と悪徳保安官に仲間を殺されてしまう。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
OPEN RANGE
製作国
アメリカ
配給
  • 日本ヘラルド映画
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD、SDDS
(銀座シネパトス 他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]