シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
カナリア
製作年:
2004年
製作国:
日本
日本公開:
2005年3月12日
(アミューズCQN)
上映時間:
配給:
シネカノン
カラー/1:1.85

見どころ:大ヒットした『黄泉がえり』の塩田明彦監督の最新作。主演は『半落ち』『バーバー吉野』の石田法嗣。光一の戦友となっていく由希役は、ドラマやCMで活躍中の新人・谷村美月。失われた家族を取り戻す旅に出た光一がたどり着く衝撃的なラストは要チェック。

あらすじ:光一(岩瀬光一)は、母(甲田益也子)が傾倒するカルト教団「ニルヴァーナ」の施設で妹とともに数年を過ごしたが、教団が崩壊後、関西の児童相談所に預けられた。そこへやってきた祖父(品川徹)は、光一を残して、妹の朝子だけを引き取り、東京に戻ってしまった。

カナリア


スタッフ

監督:
プロデューサー: 松田広子
脚本: 塩田明彦
撮影: 山崎裕
美術: 林千奈
編集: 深野俊英
音楽: 大友良英
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『カナリア』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「カナリア」 from prisoner's BLOG (2006年8月21日 23時19分)
    オウムの子供たちのうちの一人をフィクションとして主人公にして、ウリに近い真似をやっている少女との旅を描いているのだが、いったんカルトに染まったらああ「普通」に振舞えるだろうか、と思う。 あれくらいの苛立ちは、むしろ当然みたいなものだ。 逆説的に少年の祖父に代表される「普通」の側の意識の不寛容・硬直ぶりを突いているのかもしれないが、人間同士の断絶ぶりを改めて描いても始まらない気がする。 カルト側も世間側もどっちも息が詰まっているよう。なんか、もういいよという気分。 えんえんといかに閉塞状況を描いた末に最後 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年3月7日の週の公開作品
  3. 『カナリア』