ママが泣いた日 (2005)

2006年6月3日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ママが泣いた日
(C) 2004 Film & Entertainment VIP Medienfonds 2 + 3 GmbH & Co. KG

見どころ

本作で脚本と俳優も兼ねるマイク・バインダー監督が、両親の離婚という実体験を生かして撮った家族再生の物語。父親が失踪後の母と4人の娘たちの葛藤(かっとう)を描く。夫に裏切られた反動で怒りっぽくなる母を演じたのは、『きみに読む物語』のジョアン・アレン。その娘たち役には『フライトプラン』のエリカ・クリステンセンを筆頭にハリウッドの若手女優が勢ぞろいした。傷ついた女性たちの心の移ろいが丁寧に描き出されている。

あらすじ

ある日テリー(ジョアン・アレン)は夫が家を出たことに気づき、彼が秘書と駆け落ちしたと思いこむ。彼女は大学から帰省中の長女ハドリー(アリシア・ウィット)や、三女アンディ(エリカ・クリステンセン)らに怒りをぶつけてしまう。そんなとき酒浸りの彼女を、元野球選手の隣人であるデニー(ケヴィン・コスナー)が土地の開発のことで訪れ……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE APSIDE OF ANGER
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
  • アニープラネット
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル/DTS
(アミューズCQN ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]