バッシング (2005)

2006年6月3日公開 82分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バッシング
(C) 2005 Monkey Town Productions

見どころ

『殺し』や『歩く、人』などの小林政広監督が、2004年にイラクで起きた日本人人質事件を基に描いたある女性の成長記。周りから孤立しながらも自らの道を歩もうともがくヒロインを、『歩く、人』や『フリック』など小林作品常連の占部房子が演じる。『鉄人28号』の香川照之や、『燃ゆるとき』の大塚寧々らが脇を固める。実体のない“世間”からの批判が、じわじわと主人公の家庭を追い詰めていく様がリアルに描かれている。

あらすじ

高井有子(占部房子)は中東の国でボランティア活動をしていた際、武装グループに拉致監禁されたが無事解放され帰国する。北海道に戻ってからも彼女は毎日“世間”から激しいバッシングを受け、ある日突然アルバイト先のホテルの支配人(香川照之)にもクビを宣告される。ついには父親(田中隆三)まで勤務先に退職を強要され……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督/脚本
撮影監督
編集
助監督
録音
効果
エンディングテーマ曲

映画詳細データ

英題
BASHING
製作国
日本
配給
  • バイオタイド
カラー/ヨーロピアンビスタサイズ/モノラル
(シアター・イメージフォーラム)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]