シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
バッシング
(C) 2005 Monkey Town Productions
英題:
BASHING
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年6月3日
(シアター・イメージフォーラム)
上映時間:
配給:
バイオタイド
カラー/ヨーロピアンビスタサイズ/モノラル

見どころ:『殺し』や『歩く、人』などの小林政広監督が、2004年にイラクで起きた日本人人質事件を基に描いたある女性の成長記。周りから孤立しながらも自らの道を歩もうともがくヒロインを、『歩く、人』や『フリック』など小林作品常連の占部房子が演じる。『鉄人28号』の香川照之や、『燃ゆるとき』の大塚寧々らが脇を固める。実体のない“世間”からの批判が、じわじわと主人公の家庭を追い詰めていく様がリアルに描かれている。

あらすじ:高井有子(占部房子)は中東の国でボランティア活動をしていた際、武装グループに拉致監禁されたが無事解放され帰国する。北海道に戻ってからも彼女は毎日“世間”から激しいバッシングを受け、ある日突然アルバイト先のホテルの支配人(香川照之)にもクビを宣告される。ついには父親(田中隆三)まで勤務先に退職を強要され……。

バッシング
(C) 2005 Monkey Town Productions


スタッフ

監督/脚本: 小林政広
撮影監督: 斉藤幸一
編集: 金子尚樹
助監督: 川瀬準也
録音: 秋元大輔
効果: 横山達夫
エンディングテーマ曲: 林ヒロシ
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バッシング』の映画ニュース

  • ヒラリー・ダフが、Instagramで自身の水着姿の画像とともに、体形を気にする世界の女性たちに向けたメッセージを投稿し、多くの人々から共感のコメントが寄せられている。 ...イミングはネット上や有名人の外見に対するバッシングなど、至るところで目にするが、職場や家庭...
  • 舞台「エンジェルス・イン・アメリカ」でゲイのキャラクターを演じることになっている俳優のアンドリュー・ガーフィールドが、その役づくりを通して「僕は今、ゲイだね。た...ー、クエスチョニングまたはクィア)から猛バッシングを受けている。Peopleなどが報じている。...
  • 女優・有村架純の姉でグラビアアイドルの有村藍里が29日、髪型を変えたイメチェン写真を公開し、ファンから妹・架純と「似ている」との声が上がっている。 グラビアの仕事の...った、正面からは受け止めにくい一部からのバッシングに対する本音を赤裸々に語り、話題になって...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • バッシング from 映画通の部屋 (2006年7月24日 21時11分)
    「バッシング」製作:2005年、日本 82分 監督:小林政広 出演:占部房子、田 ...[外部サイトの続きを読む]
  • バッシング@シアター・イメージフォーラム from ソウウツおかげでFLASHBACK現象 (2006年7月10日 2時55分)
    記憶に新しいイラク日本人人質事件をモチーフというかインスパイアというか、決して社会性のある作品を撮らなかった小林政広監督がそれを題材にした。前作「フリック」と同様に北海道を舞台にして、彼に見えるそこは荒涼とした大地、殺伐とした空気がまん延する。 高井有子 ...[外部サイトの続きを読む]
  • バッシング (シアターイメージフォーラム) from たいようの映画の感想 (2006年6月6日 1時47分)
    これはフィクションです。  登場する人物や団体は、実在するものとは一切関係ありません。  最初にこうテロップが表示される。映画の冒頭でこんなテロップが流されるのは珍し ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バッシング」/他者との繋がりを求めてあがく、孤独な女の物語 from I N T R O+blog (2006年6月5日 16時24分)
    『バッシング』(2006 / 日本 / 小林政広) Text By 膳場 岳人  中東で誘拐事件に巻き込まれたボランティアの女性が、無事帰国を果たしたものの、故郷の人々から手痛いバッシングを被る――。というあらすじは、04年にイラクで起きた「日本人質事件」をやすやすと想起させる。というより、はっきり... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月29日の週の公開作品
  3. 『バッシング』