シネマトゥデイ

ユビサキから世界を (2006)

2006年8月31日公開 63分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ユビサキから世界を
(C) 2006「ユビサキから世界を」プロジェクト

見どころ

『世界の中心で、愛をさけぶ』などで知られるヒットメイカー、行定勲が、中高生に人気のロックバンド、アンダーグラフの同名曲からインスピレーションを得て作り上げた青春ドラマ。平凡で退屈な毎日の中で、生きる希望を探そうとする女子高生たちの青春模様が優しいタッチで描かれる。ヒロインを演じる若手女優たちは、行定監督自らが全員オーディションによって抜擢。そんな彼女たちのみずみずしい好演と、共感を呼ぶリアルなストーリー展開が魅力。

あらすじ

家庭の問題、妊娠など、それぞれ悩みを抱える仲良し高校生4人組のリンネ(谷村美月)、ウタ(北乃きい)、ラン(麻里也)、タマ(永岡真実)は退屈な毎日に虚無感を感じ、集団自殺をすることを計画した。最後の晩餐としてたこ焼きを食べ終わった4人は、午後10時に校門の前に集合することを約束し、一旦それぞれの日常へ戻るが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
カラー/ビスタサイズ/ステレオ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]