シネマトゥデイ

ジャポニカ・ウイルス (2006)

2006年9月30日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャポニカ・ウイルス

見どころ

突如発生したナゾのウイルスによって、社会不安が広がる近未来を舞台にしたロードムービー。なかなか大人になりきれない男が、旅を通して成長する姿を描く。どこか憎めない主人公役に『亡国のイージス』の斉藤陽一郎。その恋人役を『OBSESSION』の鳥栖なおこが演じている。破局寸前の恋人たちや、噛み合わない親子の姿はどこか滑稽で、彼らの間に広がるズレを見せることによって見事に社会の不穏な空気を反映させている。

あらすじ

中国で発生した“カニエ・ウイルス”が日本でも少しずつ蔓延(まんえん)し始める。そんなある日、陽一郎(斉藤陽一郎)の弟の浩次(藤井樹)が突然ウイルスに感染して命を落とす。陽一郎は同棲中の倫子(鳥栖なおこ)とともに弟の遺骨を実家に届けることにするが、その途中で電車が止まってしまい、2人は険悪なムードのまま旅を続けることに……。

[PR]

映画詳細データ

英題
JAPONICA VIRUS
製作国
日本
配給
  • バイオタイド
カラー/ステレオ/DV
(池袋シネマロサ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]