シネマトゥデイ

キャプテントキオ (2007)

2007年2月17日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャプテントキオ
(C) 2007「キャプテントキオ」製作委員会

見どころ

23歳で初監督した『19』が、海外で高い評価を受けた渡辺一志監督による破天荒な青春映画。映画好きの好青年を演じるのは、今やミュージシャンとしても活躍するマルチタレントのウエンツ瑛士。彼とは全く性格の異なるロック青年の親友を、テレビドラマ「ウォーターボーイズ2」で人気の中尾明慶が演じ、絶妙のコンビネーションをみせる。荒涼とした近未来東京の風景や、東京都知事役の泉谷しげるの暴走ぶりも見逃せない。

あらすじ

近未来、大地震で壊滅的状況に陥り無法地帯と化した東京に、フルタ(ウエンツ瑛士)とニッタ(中尾明慶)がやって来る。二人は到着早々ニセ警官に身ぐるみはがされ売られてしまう。だが、トラックで輸送中に映画屋のアロハ(いしだ壱成)らが撮影のため、トラック目がけてバズーカ砲を発射してくれたおかげで彼らは命拾いする。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
CAPTAIN TOKIO
製作国
日本
配給
  • プログレッシブ ピクチャーズ
  • ディーライツ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR
(渋谷シネマGAGA ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]