赤い文化住宅の初子 (2007)

2007年 5月12日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
赤い文化住宅の初子
(C) 2007松田洋子・太田出版/『赤い文化住宅の初子』フイルムパートナーズ

見どころ

松田洋子の同名のコミックを映画化した、切ない青春純愛物語。『タカダワタル的』のタナダユキ監督が、親なし、金なし、希望もなしの15歳の初子の、ないものづくしの青春を愛情を込めて描写する。主人公に抜擢された期待の大型新人東亜優は、等身大の少女を熱演。彼女の兄を『パッチギ!』での名演も記憶に新しい塩谷瞬が演じている。厳しい現実の前で夢を見ることすら忘れた少女が、再びその夢を取り戻す過程が感動的。

あらすじ

母に先立たれ、その後父も蒸発してしまった15歳の初子(東亜優)は、高校を中退した兄(塩谷瞬)と二人で暮らしていた。彼女は同級生の三島君(佐野和真)と一緒に東高を受験する約束をし、勉強まで教えてもらうのだが、彼女の家には高校に進学するお金はない。アルバイトの帰り道でも彼女は日々、そのことが気にかかり……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • スローラーナー
カラー/DTSステレオ
(渋谷シネアミューズ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]