シネマトゥデイ

映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事 (2006)

2007年6月2日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事

見どころ

『不知火海』などのドキュメンタリー映画の巨匠、土本典昭がライフワークとして追い続けてきた“水俣”への思いを語るドキュメンタリー。数々の水俣関連の作品を生み出した監督は、自宅で、編集機の前で、または水俣の海を目にしながら淡々と自身の作品を振り返る。メガホンを取るのはこれが初の劇場公開作品となる俊英、藤原敏史。水俣病を見つめ長年そこで生きる人々や海と真摯(しんし)に向き合ってきた監督の歴史が胸に迫る。

あらすじ

1965年、初めて水俣の現状を撮影した土本典昭は、その後17本にも及ぶ関連作品を作り上げてきた。その偉業を成し遂げたドキュメンタリー監督は、自身の初期作品『機関助士』や『ドキュメント 路上』に言及し、『不知火海』などの名シーンを振り返る。そして水俣への旅に出た彼は、久しぶりに懐かしい人々との再会を果たす。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
企画・製作
撮影
監督補
音響監督
インタビュー
宣伝美術

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ビジュアルトラックス
カラー/DVCAM
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]