眠れる美女 (2005)

2007年12月15日公開 103分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
眠れる美女
(C) 2005 Atossa Film All Rights Reserved

見どころ

川端康成の同名の短編小説を映画化した、官能的なサスペンス・ドラマ。老境に達した男が“眠れる美女”と一夜をともにすることができる館の妖(あや)しい魅力に取りつかれていく様を追う。本作で監督、製作、脚本、主演をこなすのはドイツのベテラン俳優ヴァディム・グロウナ。謎めいた館のマダムを演じる舞台女優アンゲラ・ヴィンクラーの存在感も光る。原作のテイストを残しながらも独自の世界観で表現される耽(たん)美的世界は必見。

あらすじ

15年前に事故で妻と娘を失った実業家のエドモンド(ヴァディム・グロウナ)は、それ以降、死より深い絶望のふちにいた。そんな友人を見かねたコーギ(マクシミリアン・シェル)がある館を彼に紹介する。初めてそこを訪れたエドモンドは、マダム(アンゲラ・ヴィンクラー)に生まれたままの姿の少女が眠る部屋に案内される。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
HOUSE OF THE SLEEPING BEAUTIES
製作国
ドイツ
配給
  • ツイン
  • ワコー
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR
(渋谷ユーロスペース)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]