ちーちゃんは悠久の向こう (2007)

2008年1月19日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ちーちゃんは悠久の向こう
(C) 2007「ちーちゃんは悠久の向こう」フィルムパートナーズ

見どころ

日日日(あきら)の同名の小説を映画化した切ない恋愛ファンタジー。ずっと一緒だった幼なじみの男女のピュアな恋愛模様を優しく映し出す。愛くるしいヒロインを演じるのは、『渋谷区円山町』の仲里依紗。その相手を『バッテリー』の林遣都が演じ、バツグンの相性の良さをみせる。ずっと同じ相手を思い続けるひたむきさが招く驚きのラストシーンまで、スクリーンから目が離せない。

あらすじ

幼なじみのちーちゃんこと千草(仲里依紗)と、モンちゃんこと悠斗(林遣都)は子どものころから仲良しで、いつもずっと一緒だった。やがてそんな2人も高校に進学し、同じクラスになる。母親が家出し、酒浸りの父親と2人暮らしの悠斗にとって、昔と同じように千草と過ごす時間だけが唯一安心できる瞬間だったが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シナジー
カラー/アメリカンビスタサイズ/DTSステレオ
(シアターN渋谷 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]