シネマトゥデイ

ミラクル7号 (2008)

2008年6月28日公開 88分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミラクル7号

見どころ

『カンフーハッスル』などのヒットメーカー、チャウ・シンチーが3年ぶりに監督、脚本、製作、出演を兼ねるSFファンタジー。貧乏親子と、謎の生物の心温まる出会いを痛快な笑いとともに描き出す。女の子ながら立派に男の子を演じたシュー・チャオは、本作で映画デビューと初主演を果たし、その天才ぶりを発揮。数々のナンセンスギャグもさることながら、観る者を優しい気持ちで包んでくれる愛の物語に圧倒される。

あらすじ

工事現場で働くティー(チャウ・シンチー)は、貧しいながらも一人息子のディッキー(シュー・チャオ)を名門校に通わせていた。息子に新しい靴すら買ってやれない貧乏生活だったが、彼らはそれなりに楽しい日々を送っていた。そんなある日、ディッキーは父がゴミ捨て場から拾って来た緑色の風船のようなオモチャが動くことを発見し……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
CJ7
製作国
中国
配給
  • ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー/スコープサイズ/SRD/SR
(シネマスクエアとうきゅう ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]