ネコナデ (2008)

2008年6月28日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ネコナデ
(C) 『ネコナデ』製作委員会

見どころ

企業戦士として働いてきた男が、1匹の子猫との出会いによって新しい人生の第一歩を踏み出すまでを描く心温まる物語。いたいけな子猫の魅力で、周りの人々が少しずつ変化していく過程をじっくりとカメラがとらえる。監督は『デトロイト・メタル・シティ』などの脚本も手掛ける大森美香。子猫に翻弄(ほんろう)される主人公を『築地魚河岸三代目』の大杉漣が熱演する。その存在が罪なほど愛くるしい子猫のしぐさと表情を見ているだけで、十分心癒される。

あらすじ

一流企業の人事部長としてリストラを担当する鬼塚(大杉漣)は、ある晩公園で段ボールに入った子猫を見つける。一度は無視して通り過ぎたものの、結局は子猫をこっそり自宅に連れ帰ってしまう。これまでの厳格な態度のせいで妻(原日出子)や娘(矢木初季)にそのことを言い出せない鬼塚は、会社が研修用に借りている施設の一室で子猫を飼い始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • AMGエンタテインメント
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR
(渋谷Q-AXシネマ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]