那須少年記 (2008)

2008年10月4日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
那須少年記
(C) 「那須少年記」製作委員会

見どころ

森詠の自伝的小説「少年記 オサム14歳」を映画化した感動の青春映画。昭和29年の栃木県・那須を舞台に、成長期の少年たちの友情やはかない恋心など、かけがえのない心の交流を美しい大自然の風景とともに映し出す。主人公の少年たちを『バッテリー』の太賀や、『砂時計』の塚田健太が演じる。また教師を平山あやが演じ、杉本哲太、岸本加世子、片桐はいりら実力派の面々が脇を固める。懐かしい昭和の風景や、誰もが共感する青春の切なさが胸にしみる。

あらすじ

1954年夏、14歳のオサム(太賀)は2年前に離婚した母親(岸本加世子)とともに栃木県黒磯村に引っ越して来る。担任の新米教師大月(平山あや)も親切で、彼にはすぐに友だちもできそうだった。だが、やがてオサムは大月の悩みの種で、教師や不良グループと問題ばかり起こす校内一の秀才アキラ(塚田健太)と対立するようになり……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネマとうほく
カラー
(東京都写真美術館)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]