シネマトゥデイ

ワイルド・バレット (2006)

2008年10月11日公開 122分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ワイルド・バレット
(C) 2006 Media 8 Entertainment All Rights Reserved.

見どころ

一丁のリボルバーとロシア人少年をめぐり、ニュージャージーの夜の街でマフィアや汚職警官、売春婦らの運命が交錯するサスペンス・アクション。監督はクエンティン・タランティーノらから大絶賛される実力派ウェイン・クラマー。リボルバーを追うマフィアの男を『ボビーZ』のポール・ウォーカー、物語の鍵を握るロシア人少年を『記憶の棘』のキャメロン・ブライトが演じる。さまざまな出来事が複雑に絡み合う展開と、二転三転する大どんでん返しのラストに注目だ。

あらすじ

殺しに使用された銃の後始末を仕事にするジョーイ(ポール・ウォーカー)は、警官殺害に使用した銀のリボルバーの始末をすることに。しかし、地下室に隠したはずだったリボルバーが、隣の家で起こった発砲事件で使用されていたのだ。発砲したのは、ジョーイの息子の友人で、ロシアンマフィアの養父から虐待を受けている少年オレグ(キャメロン・ブライト)だった。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
RUNNING SCARED
製作国
アメリカ/ドイツ
配給
  • アートポート
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/R-15
(新宿トーア ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]