シネマトゥデイ

殺しのはらわた (2006)

2008年12月6日公開 30分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
殺しのはらわた

見どころ

東京国際シネシティフェスティバル2006で初披露され、会場を絶賛と絶叫の声で沸かせたバイオレンス・アクション。謎の暗殺集団が繰り広げる壮絶な殺し合いを徹底したバイオレンス描写とスタイリッシュな映像で描く。映画監督から大学教授まで、幅広いフィールドで活躍する篠崎誠が監督。出演は『丘を越えて』の嶋田久作、『闘茶 tea fight』の藤田陽子ら。過激な描写のため一般公開が絶望視されていた作品でもある。

あらすじ

地上から、絶対的な悪を抹殺するために結成された謎の暗殺集団。広大な敷地に居を構え、数々の殺しを繰り広げてきた彼らだったが、最後の標的が組織のボス自身であると判明。かくして殺し屋対殺し屋の激しい死闘が幕を開ける……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • boid
カラー
(吉祥寺バウスシアター)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]