シネマトゥデイ

エト -ETO- (2008)

2009年1月10日公開 20分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エト -ETO-
(C) うすた京介 / 集英社

見どころ

「週刊少年ジャンプ」の人気漫画の映画化、『ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます』の併映短編アニメ。うすた京介の作品の中では異色のSFハートフルストーリーとなっている同名漫画を原作者自身が劇場用にリメイクした。うさぎの姿をした宇宙人エトの声をバナナマンの日村勇紀が、エトと友情を育む少年シブシゲの声を『僕は妹に恋をする』の小松彩夏が担当する。地球をテーマにした壮大なストーリーと友情、そしてギャグと、短編ながら笑いと感動が凝縮した良作。

あらすじ

2010年の年末、少年・シブシゲは友だちのサンペー、ユカと、山中でうさぎのような生き物を発見する。何とそれはうさぎの姿をした宇宙人だった。シブシゲはうさぎに「エト」と名付け親しくなるが、エトが地球にやって来た目的を知って激怒。そのときすでに、巨大植物兵器が宇宙から放たれ、地球上の生物は危機を迎えようとしていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • DLE
カラー
(TOHOシネマズ六本木ヒルズ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]