シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
男と女
(C) 1966 Les Films 13
英題:
A MAN AND A WOMAN
製作年:
1966年
製作国:
イギリス
日本公開:
2016年10月15日
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
ドマ / ハピネット
協力:
コアポート / 日本コロムビア / ワーナーミュージック・ジャパン
後援:
フランス大使館 / アンチテイチュ・フランセ日本
カラー/モノクロ

見どころ:『愛と哀しみのボレロ』などのクロード・ルルーシュの出世作で、第19回カンヌ国際映画祭パルムドールなどを受賞したラブストーリー。共にパートナーを亡くした男と女が子供を通して出会い、過去にとらわれながらも互いに惹(ひ)かれ合う姿を描く。主演は『ローラ』などのアヌーク・エーメと、『愛、アムール』などのジャン=ルイ・トランティニャン。さまざまなシーンを映し取る巧みなカメラワークや印象的なテーマソング、切ない大人の恋など、色あせない魅力を堪能できる。

あらすじ:フランスのドービルにある学校の寄宿舎に娘を預けて、パリで一人暮らしをしているアンヌ(アヌーク・エーメ)。一方、カーレーサーのジャン(ジャン=ルイ・トランティニャン)もまた同じ寄宿舎に息子を預けていた。子供を通して知り合った二人には、それぞれ夫と妻を亡くしたという共通の過去があった。やがて二人は、互いへの思いと辛い過去の間で揺れ動き……。

男と女
(C) 1966 Les Films 13

予告編・動画

クロード・ルルーシュ監督の名作!映画『男と女』予告編

» 『男と女』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

Allied Artists Pictures/Photofest/ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『男と女』ポスター
    ポスター
  • 映画『男と女』チラシ
    チラシ
  • 映画『男と女』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・原作・脚本・撮影:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『男と女』の映画ニュース

  • 映画『パリ、テキサス』などを手掛けたドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダース監督による最新作の邦題が『アランフエスの麗しき日々』に決定し、12月より日本公開されることが明...体験、子供時代の思い出、夏の本質、そして男と女の違いについて、語り合うのだった。『ゼロ...
  • 生田斗真が母性愛あふれるトランスジェンダーの女性役に挑んだ映画『彼らが本気で編むときは、』。荻上直子監督にとって『レンタネコ』以来、5年ぶりの新作となるが、自ら“...が多いのかな」。 ところがある日、「性は男と女だけじゃない」という新聞の見出しを見つけ...
  • 1966年にクロード・ルルーシュ監督が手掛けたフランス映画の名作『男と女』でピエールを演じ、同作のテーマ曲の作詞・歌を務めたピエール・バルーさんが、2016年12月28日(...ンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『男と女』で共演したアヌーク・エーメと結婚したが...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『男と女』(’66)★映画みたいな恋、という恋かも from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月26日 21時16分)
    映画レビューしました(ネタバレです) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id3699/rid24/p0/s0/c0/ http://cinema.pia.co.jp/title/5739/ “あのときの私みたいに……” レビューでは、途中まで書いてやめた事柄があります。 (長くなるので) それは、彼女が、列車に乗っているシーンのことです。 どんな形であれ、大切に思う人と別れたあと、ひとりで列車に乗るのは、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 128/365「男と女」。 from 別冊 東京コジカの戀と文化住宅。 (2011年11月25日 16時51分)
    こんにちは。 えっと、先日のことですが「マルコム・マクラーレン」さんが亡くなられたというニュースを聞いてびっくりしたのと同時に ひどくショックを受けました。64歳。さて、今回わたしが観てしまった映画は、20年後に続編がつくられた映画の(笑)第1作目です。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年10月10日の週の公開作品
  3. 『男と女』