シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ジャン=ルイ・トランティニャン」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全5件)

ハッピーエンド
『白いリボン』などの鬼才ミヒャエル・ハネケが監督を務めたドラマ。フランス北部の町を舞台に、秘密を抱える家族の姿を描く。『エル ELLE』などのイザベル・ユペール、第6...賞したハネケ監督作『愛、アムール』などのジャン=ルイ・トランティニャン、『アサシンズ』などのマチュー・カソヴィ...
2018年3月3日公開
男と女
『愛と哀しみのボレロ』などのクロード・ルルーシュの出世作で、第19回カンヌ国際映画祭パルムドールなどを受賞したラブストーリー。共にパートナーを亡くした男と女が子供...ヌーク・エーメと、『愛、アムール』などのジャン=ルイ・トランティニャン。さまざまなシーンを映し取る巧みなカメラ...
2016年10月15日公開
愛、アムール
第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールに輝いたヒューマン・ドラマ。長年にわたって連れ添ってきた老夫婦が、妻の病を発端に次々と押し寄せる試練に向き合...き上がらせていく。『Z』『消される男』のジャン=ルイ・トランティニャン、『トリコロール/青の愛』のエマニュエル...
2013年3月9日公開

特集・連載記事 (全6件)

【はみだし映画工房】板谷由夏が怖いを連呼のワケは!?『ダウンサイズ』など3月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
!はみだし映画工房: 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『去年の冬、きみと別れ』『ハッピーエンド』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・...賞したハネケ監督作『愛、アムール』などのジャン=ルイ・トランティニャン、『アサシンズ』などのマチュー・カソヴィ...
2018年3月1日掲載
【今月の5つ星】第48回『フライト』『ジャンゴ 繋がれざる者』『愛、アムール』『ジャックと天空の巨人』『シュガー・ラッシュ』
今年のアカデミー賞レースをにぎわせた『ジャンゴ 繋がれざる者』『愛、アムール』のほか、デンゼル・ワシントン主演のサスペンス、『X-メン』シリーズのブライアン・シンガ...た美しいシーンとなっている。夫婦を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとエマニュエル・リヴァの繊細でリアリティ...
2013年3月15日掲載
【私的映画宣言】サードシーズン2013年3月
『王になった男』イ・ビョンホンのテレビ生出演を見てうっとりし、自分が声フェチだとハタと気付いた。そういえば『きいろいゾウ』向井理の声に癒やされる。どうでもいいけ...き上がらせていく。『Z』『消される男』のジャン=ルイ・トランティニャン、『トリコロール/青の愛』のエマニュエル...
2013年3月6日掲載

映画ニュース (全15件)

壊れゆく家族…ミヒャエル・ハネケ最新作『ハッピーエンド』来年3月公開!
映画『白いリボン』『愛、アムール』の2本連続でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた鬼才ミヒャエル・ハネケ監督の最新作『HAPPY END』の邦題が『ハッピーエンド』に決定...いる。 『愛、アムール』で父と娘を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが、本作でも、ある裕...
2017年12月5日掲載
【第70回カンヌ国際映画祭】サイコパス一家!ミヒャエル・ハネケ新作は『愛、アムール』の続編?
現地時間22日、第70回カンヌ国際映画祭でオーストリアの鬼才ミヒャエル・ハネケ監督の新作『ハッピー・エンド(原題) / Happy End』(コンペティション部門)の公式会見が...apchatの画面サイズで切り取ったドラマ。ジャン=ルイ・トランティニャン演じる祖父ジョルジュからイザベル・ユペー...
2017年5月28日掲載
ベルリン受賞後も資金調達に奔走…“エリック・ロメールの後継者”が語る作家映画の厳しい現実
第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した、フランスの大女優イザベル・ユペール主演映画『未来よ こんにちは』でメガホンを取ったミア・ハンセン=ラヴ監督がインタビュ...されているという。『愛、アムール』などのジャン=ルイ・トランティニャンの孫にあたるロマン・コリンカ(本作にもナ...
2017年3月26日掲載
ミヒャエル・ハネケ、ファン待望の新作!
映画『白いリボン』『愛、アムール』で2度のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)に輝いたミヒャエル・ハネケ監督の新作『ハッピー・エンド(原題) / Happy End』の北南...連女優イザベル・ユペールと、『男と女』のジャン=ルイ・トランティニャン、テレビシリーズ「戦争と平和」のマチュー...
2016年11月6日掲載
ピエール・バルーが来日!不滅の恋愛映画『男と女』秘話を語る
15日、名匠クロード・ルルーシュ監督の不滅の恋愛映画『男と女』のデジタルリマスター版の初日舞台あいさつが YEBISU GARDEN CINEMA で行われ、ヒロインの事故死した夫を演...れぞれに伴侶を失った男女、ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ(アヌーク・エーメ)の甘く切な...
2016年10月15日掲載
【名画プレイバック】フランシス・レイのメロディーがあまりにも有名な恋愛映画の金字塔『男と女』(1966年)
本編は見たことなくても、フランシス・レイによるサウンドトラック、特に男女のスキャットが全編に流れるテーマ曲は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。そ...ックな設定も、華があるアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンなら無理なく通用する。子供の存在がなけれ...
2016年8月26日掲載
大女優イザベル・ユペール、日本の仕事にも興味津々!
第68回カンヌ国際映画祭特別招待作品として高評価を得た映画『アスファルト』で主演を務めたフランスの名女優イザベル・ユペールが、本作やこれまでの女優人生、日本での仕...リ監督の実の息子で、『男と女』などの名優ジャン=ルイ・トランティニャンの孫でもあるジュール・ベンシェトリ演じる...
2016年8月20日掲載
クロード・ルルーシュ幻の傑作『ランデヴー』日本初公開
フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)&アカデミー賞外国語映画賞受賞作『男と女』(1966)のデジタルリマスター版が、10月に公...じみの『男と女』は、妻と夫を失った男女(ジャン=ルイ・トランティニャン、アヌーク・エーメ)の甘く切ない恋を描い...
2016年5月4日掲載
アカデミー賞受賞作『愛、アムール』のミヒャエル・ハネケ監督が語る!カンヌは芸術でハリウッドはビジネス!
第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『愛、アムール』のミヒャエル・ハネケ監督が、アカデミー賞受賞の感想や本作のテーマについて語った。長年連れ添った老夫婦が、...老夫婦を演じるのは、フランスで有名な俳優ジャン=ルイ・トランティニャンと『ヒロシマモナムール』(1959)のエマニ...
2013年3月8日掲載
ミヒャエル・ハネケ監督が描く老夫婦を描いたパルムドール受賞作品とは? (ニューヨーク映画祭(50th N.Y.F.F))
現在開催されている第50回ニューヨーク映画祭(50th N.Y.F.F)に出品されている今年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品『アムール(原題) / Amour』について、ミヒャ...パリに住んでいる80代の老夫婦ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアン(エマニュエル・リヴァ)は、共に...
2012年10月8日掲載