台北カフェ・ストーリー (2010)

2012年4月14日公開 81分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
台北カフェ・ストーリー
(C) 台北カフェ・ストーリー

見どころ

『悲情城市』『百年恋歌』で知られる台湾の名匠、ホウ・シャオシェンが製作総指揮を務めたヒューマン・ドラマ。台北でカフェを開いた姉妹が、客寄せのためにと始めた物々交換で出会った人々との触れ合いを通し、自分を見つめていく。初長編作『ミラー・イメージ』が各国映画祭で注目を集めた新鋭シャオ・ヤーチュアンが、温かなタッチでヒロインたちの内面的変化を描出。『海洋天堂』のグイ・ルンメイ、本作で映画デビューを飾るリン・チェンシーが出演し、仲むつまじい姉妹を好演している。劇中で魅力的な歌声を披露する、台湾でも人気の日本人シンガー中孝介の特別出演にも注目したい。

あらすじ

OLを辞めて、妹のチャンアル(リン・チェンシー)とカフェをオープンさせたドゥアル(グイ・ルンメイ)。長年の夢をかなえて大喜びの彼女だったが、肝心の客がなかなか集まらない。そこでチャンアルが店内で物々交換をすることを思いつく。物々交換はカフェの名物として話題を呼び、さまざまな物がそれぞれにまつわるエピソードと共に、人から人へと受け継がれていく。ある日、世界の35都市で集めたという35個の石けんを携えた男がやってくる。何か特別なものと交換したいと店を訪れるたびに彼が語る、石けんをめぐる異国情緒に満ちた話にドゥアルは魅了されていく。

[PR]

映画詳細データ

英題
第36個故事
製作国
台湾
配給
  • ユナイテッドピープル
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]