シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
全21件中1~10件を表示しています。 Next »
  • her/世界でひとつの彼女
    映画のメモ帳+α
    2016年1月6日
    her/世界でひとつの彼女((2013 HER) 原題   HER 監督   スパイク・ジョーンズ 脚本   スパイク・ジョーンズ 撮影   ホイテ・ヴァン・ホイテマ 音楽   アーケイド・ファイア 出演   ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス       ルーニー・マーラ オリヴィア・ワイルド クリス・プラット       マット・レッシャー ポーシャ・ダブルデイ スカーレット・ヨハンソン(声) 第86回(2013年)アカデミー賞脚本賞受賞。作品、作曲、歌曲(“The M ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『her/世界でひとつの彼女』を観ました【映画】スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー
    カフェビショップ
    2014年12月23日
    これはホラーだね。 なんかものすごく気持ち悪くて怖かったなあ。 なんだろなこれは。 不気味というか怖いというか。 人工知能の要求に従う人間の怖さというかなんというか。 声だけの存在なんすよ。 肉体はない。 知性があるのかないのかもわからない。 そんな得… ...[外部サイトの続きを読む]
  • her/世界でひとつの彼女
    単館系
    2014年8月19日
    her/世界でひとつの彼女 ヒューマントラストシネマ有楽町 6/28公開。 近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に 代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。 長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、 悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と 出会う。 次第にセオ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『her/世界でひとつの彼女』 観たよ
    よくばりアンテナ
    2014年8月17日
    人口知能との恋ってことで、 先日観てきた『トランセンデンス』と比較されるだろうなぁと予想してて、 さらに『トランセンデンス』よりもなぜか評判が良かったために 期待していたんだよね~~。 金沢でもようやく公開されたので観てきました。 ほんの少し未来。感情を持ってるOSをPCにインストールしたセオドア。 離婚調停中の彼は、まだ妻のことを愛しているため離婚届にサインでき... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「her/世界でひとつの彼女」
    prisoner's BLOG
    2014年7月24日
    声というのは、すでに身体の一部、すくなくとも延長ではないかと思われて、実物の女性と関係を持てないオタク男の話というより、声はすれども姿は見えずといった相手に対する憧れがメインのロマンチックな感触の方が先に立つ。 俳優、とは別に声優という存在が独自の人気... ...[外部サイトの続きを読む]
  • her/世界でひとつの彼女
    ダイターンクラッシュ!!
    2014年7月24日
    2014年7月21日(月) 16:45~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1300円(TCG会員料金) パンフレット:未確認 ラブドールを彼女にしていた男はいたが 『her/世界でひとつの彼女』公式サイト オペレーティング・システムが人格を持つ。 性別を選択できるが、勿論女性を選んだその男は、あろうことかOSに恋をしてしまう。 OSの方も満更でない。 驚くべきは、肉体を持たないOSに性欲があることだ。しかし、食欲と睡眠欲は無い模様。 しかし、流石はコンピュータ。マルチタスクなので、何千か何 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 2014年7月16日
    映画『her 世界でひとつの彼女』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『her/世界でひとつの彼女』 FOMO症候群の私たちへ
    映画のブログ
    2014年7月16日
    【ネタバレ注意】  東京ディズニーリゾートを訪れたときのことだ。  例によってアトラクションは長蛇の列で、数十分にわたり見知らぬ人の後ろをのろのろ歩かねばならなかった。  私の前には高校生らしい女の子の二人連れがいた。図らずも私は彼女たちの言動を何十分も観察することになった。  二人にはほとんど会話がなかった。  一人は手持無沙汰で突っ立っているだけだったが、もう一人はス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • HER 世界でひとつの彼女 (2013) ▲
    どんくらの映画わくわくどきどき
    2014年7月15日
    依頼人の想いを代筆して手紙で届けるという昔ながらの仕事をしていながら、人工知能の彼女と恋に落ちた男。ふたりの恋の行く末は?  スカーレット・ヨハンソンがおなじみのハスキーな声だけの出演。ローマ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した。  オスカーの作品賞など5部門にノミネートされ脚本賞を受賞した。ゴールデン・グローブでも脚本賞を受賞した。  今、歩きながらぶつぶつしゃべっている人がいたらみん... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「her 世界でひとつの彼女」
    元・副会長のCinema Days
    2014年7月14日
    (原題:her )面白い。人間と機械や人工知能との“恋愛”というネタは過去に何回も取り上げられてきたが、本作は“仕込み”が堂に入っており、一筋縄ではいかない奥深さを見せる。さすが屈折した持ち味が特徴のスパイク・ジョーンズ監督作だ。  近未来のロスアンジェル... ...[外部サイトの続きを読む]
全21件中1~10件を表示しています。 Next »
  1. 映画
  2. 2014年6月23日の週の公開作品
  3. 『her/世界でひとつの彼女』
  4. コメント