シネマトゥデイ

千年の一滴 だし しょうゆ (2014)

2015年1月2日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
千年の一滴 だし しょうゆ
(C) プロダクション・エイシア / NHK / Point du Jour / ARTE France.

見どころ

デビュー作『ひめゆり』が高く評価された柴田昌平が監督を務め、和食の原点であるだしとしょうゆを題材に日本人と自然の関係を見つめたドキュメンタリー。殺生を嫌う仏教の肉食禁止令下で発達しただしと、こうじカビによって作られるしょうゆを通して日本文化の神髄に迫っていく。『ぐるりのこと。』などの木村多江と『小指ラプソディ』などの奥貫薫が語りを担当。およそ1,000年にわたり、苦心してうまみを追い求めてきた先人の知恵に感服する。

あらすじ

日本では仏教の影響から肉食禁止令が発令されたが、そんな状況の中で日本人は肉の代用品となるうまみを追い求め、大自然の中から昆布という素晴らしい食材を発見する。一方、和食の基本調味料であるしょうゆ、酒、みりんなどは、こうじカビによって生み出される。長きにわたり培われてきた発酵の知恵を描く。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

1

[PR]

映画詳細データ

英題
DASHI & SHOYU: ESSENSE OF JAPAN
製作国
日本/フランス
制作・著作・配給
  • プロダクション・エイシア
制作・著作
  • NHK
  • Point du Jour
  • ARTE France
助成
  • フランス映画・映像センター
カラー/HD
(ポレポレ東中野ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]