どなたでもご覧になれます

ディオールと私 (2014)

2015年3月14日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

クリスチャン・ディオールのアーティスティックディレクターに就任したラフ・シモンズが、自身初となるオートクチュール・コレクションを発表するまでを追った記録映画。監督は、『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』で共同監督を務めたフレデリック・チェン。ミニマリスト(最小限主義者)のシモンズが老舗ブランドのオートクチュールに挑戦する中での重圧と葛藤、そしてディオールのお針子たちのプロフェッショナルで熱心な仕事ぶりが見どころ。

あらすじ

2012年春。世界的に著名なファッションブランド、クリスチャン・ディオールの新デザイナーに就任したラフ・シモンズは、初のオートクチュール・コレクションを発表することになる。男性ブランドを展開し、ミニマリストとして知られたシモンズは、オートクチュールの経験が乏しいうえに、通常およそ半年をかけるコレクションを8週間で準備しなければならなかった。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
DIOR AND I
製作国
フランス
日本語字幕
古田由紀子
配給・提供
  • アルシネテラン
  • オープンセサミ
提供
  • Bunkamura
後援
  • 在日フランス大使館
  • アンスティチュ・フランセ日本
協力
  • ユニフランセ・フィルムズ
DCP/ビスタサイズ
(Bunkamuraル・シネマほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

オリジナル・メモパッド
オリジナル・メモパッド

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]