シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ターナー、光に愛を求めて (2014)

2015年6月20日公開 150分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ターナー、光に愛を求めて
(C) Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Diaphana, France3 Cinema, Untitled 13 Commissioning Ltd 2014.

見どころ

18世紀末から19世紀にかけて活躍したイギリスの風景画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの謎に満ちた人生に迫る伝記ドラマ。『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』などの巨匠マイク・リー監督が構想に10年を費やし、愛と光を求め旅を愛した天才画家の創作への情熱や人物像を描く。主演は、リー監督の『人生は、時々晴れ』にも出演したティモシー・スポールが務め、第67回カンヌ国際映画祭男優賞などを受賞した。

あらすじ

18世紀末イギリス、若かりしころからロイヤル・アカデミーで評判だった自由な芸術家のターナー(ティモシー・スポール)は、インスピレーションを得るために旅に出ることが多かった。また異色の作風から、画壇や観る者に理解されないこともあった。そんなある日、助手を務めていた父親が突然他界してしまい衝撃を受ける。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.7

3

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
MR. TURNER
製作国
イギリス/フランス/ドイツ
日本語字幕
古田由紀子
配給
  • アルバトロス・フィルム
  • セテラ・インターナショナル
後援
  • ブリティッシュ・カウンシル
  • 英国政府観光庁
カラー
(Bunkamuraル・シネマほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

オリジナルミニスケッチ帳
オリジナルミニスケッチ帳

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]