コリン・ファース&スタンリー・トゥッチがカップル役!愛の物語『スーパーノヴァ』7月日本公開

映画『スーパーノヴァ』ポスタービジュアル
映画『スーパーノヴァ』ポスタービジュアル - (c) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.

 『キングスマン』シリーズのコリン・ファースと『プラダを着た悪魔』のスタンリー・トゥッチがカップル役を務めた映画『スーパーノヴァ』が、7月1日より日本公開されることが決まった。20年という歳月を共にしてきたカップルが向き合うことになる人生の最終章を、二人の圧倒的な演技で魅せる感動作だ。

【動画】『スーパーノヴァ』予告編

 不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるピアニストのサムを演じたのはコリン。人を惹きつける才能と魅力にあふれ、いつも周囲に光と笑いをもたらす作家のタスカーにはスタンリーがふんした。併せて公開された予告編は、タスカーがサムに「星は最期に大爆発してまぶしく輝く。それを“超新星(スーパーノヴァ)”というんだ」と語るシーンから始まる。キャンピングカーで湖水地方を幸せに旅する二人だが、終わりの日は近づいていて……。最後の最後まで共に生きることを望むサムと、愛しているからこそ終わりを望むタスカー、互いを想い合う二人が愛ゆえに導き出す答えが描かれる。

[PR]

 最初にオファーをされたスタンリーが「サムとタスカーの絆が本物でなければ成功しない」と考え、20年来の友であるコリンに自ら(実は独断で!)脚本を手渡したことで、魂で結ばれた二人の共演が実現した。ふとした眼差し、伸ばした手や後ろ姿で、互いへの思いやりを表現する二人の名演が光っている。

 メガホンを取ったのは、俳優としてデビューし、オリジナル脚本として書き上げた本作が監督第2作となった新鋭ハリー・マックイーン。撮影監督は『ターナー、光に愛を求めて』などのディック・ポープで、絵画のように美しい湖水地方をはじめ、イギリスが誇る景勝も余すところなく捉えている。(編集部・市川遥)

映画『スーパーノヴァ』は7月1日よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]