シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
しゃぼん玉
(C) 2016「しゃぼん玉」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年3月4日
(シネスイッチ銀座ほか)
上映時間:
製作:
「しゃぼん玉」製作委員会
制作プロダクション:
エスプリ
配給:
スタイルジャム
企画協力:
新潮社
特別協賛:
宮崎県北部広域行政事務組合 / 椎葉村
協賛:
神楽酒造 / 宮崎交通 / センコー / 岡田花店 / 平和リース
後援:
宮崎県
カラー

見どころ:第115回直木賞受賞の「凍える牙」や、「水曜日の凱歌」などの人気作家、乃南アサの小説を基にしたヒューマンドラマ。強盗や傷害を重ねて逃亡中の青年が、ある老人と彼女が暮らす村の人々と触れ合ううちに再起を決意するさまが描かれる。監督はテレビドラマ「相棒」シリーズなどの東伸児。キャストには、林遣都、藤井美菜、綿引勝彦、市原悦子らが顔をそろえる。人と人の絆の尊さを見つめた物語に加え、ロケを敢行した宮崎県の美しい風景も見どころ。

あらすじ:親に見捨てられた果てに、通り魔となって老人や女性を襲い、強盗を重ねて逃避行中の伊豆見(林遣都)。宮崎県の山深い村に足を踏み入れた彼は、けがをしたスマ(市原悦子)を助けたのが縁で彼女の家に居候することになる。金を奪って逃げようと考えていた伊豆見だが、スマや伊豆見を彼女の孫だと思い込む村人たちと接するうちに、心の変化が生まれる。ある日、10年ぶりに村へ帰ってきた美知(藤井美菜)と出会ったのを機に自分の犯してきた罪の大きさを感じた彼は……。

しゃぼん玉
(C) 2016「しゃぼん玉」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    古き良き日本の故郷への郷愁を掻き立てる小品佳作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     荒れた生活を送っていた都会の若者が、偶然知り合った一人暮らしの老女のもとへ身を寄せ、素朴な田舎の人々の優しさと厳しさに触れる中で自分の生き方を見つめなおしていく。
     ありがちな話ではあるものの、しかし本作の語り口はかなり好き。のどかな村の穏やかな日々の営みを淡々と映し出しながら、若者の心境の変化をさりげなく丁寧に汲み取っていく。説教がましくもなければ、押しつけがましくもない。その距離感が絶妙だ。
     人情味があって飄々とした田舎のお婆ちゃんを演じる市原悦子も素敵。「まんが日本昔ばなし」第一世代としてはまさにツボですよ。失われつつある日本の原風景に、これほどマッチする女優さんは今ほかにいません。

予告編・動画

映画『しゃぼん玉』予告編

» 『しゃぼん玉』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『しゃぼん玉』ポスター
    ポスター
  • 映画『しゃぼん玉』チラシ
    チラシ
  • 映画『しゃぼん玉』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 乃南アサ
主題歌: 秦基博
監督・脚本:
エグゼクティブプロデューサー: 近藤雅信
企画プロデューサー: 豊山有紀
プロデューサー: 浜本正機 / 上原英和
撮影: 宮本亘
D.T.I.: 佐々木基成
照明: 佐々木貴史
編集: 只野信也
音楽: 奈良悠樹
録音: 坂上賢治
整音: 室園剛
装飾: 松田光畝
ヘアメイク: 山本理恵 / 浅見順子
助監督: 桑島憲司
製作担当: 守田健二

キャスト

伊豆見:
美知:
スマの息子:
シゲ爺:
スマ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『しゃぼん玉』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月27日の週の公開作品
  3. 『しゃぼん玉』