シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

キングコング:髑髏島の巨神

公式サイト:http://www.kingkong-dokuro.jp
キングコング:髑髏島の巨神
(C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
英題:
KONG:SKULL ISLAND
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年3月25日
(丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
製作:
レジェンダリー・ピクチャーズ
カラー

見どころ:キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。巨大な体でリアルな造形のキングコングの迫力に圧倒される。

あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。

キングコング:髑髏島の巨神
(C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • 相馬 学
    2017年の『怒りのデス・ロード』になりうる傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     2005年版『キングコング』の見どころは中盤のスカルアイランド(髑髏島)のシークエンスに尽きる。そこで描かれた怪獣バトルの興奮は説明的な前半や情に流される後半の減点忘れさせた。嬉しいことに今回のコングは、ほぼ全編の舞台が髑髏島だ。

     限定空間設定の面白さを支えるのが、これまでのコング映画をしのぐコングやクリーチャーのデカさ。巨体であるばかりか動きも速く、人間はかなわないと思わせるに十分。それでも怒り燃えて立ち向かう、S・L・ジャクソンの煮えたぎるような闘志にもシビレる。

     物語に呼応し、映像面でも劇画調を徹底。絵的な興奮の凄さという点で、これは2017年の『怒りのデス・ロード』だ!

  • 清水 節
    〈コングの黙示録〉で導入する恐怖の「ラ・ラ・怪獣ランド」体験
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『地獄の黙示録』の神秘性に、大怪獣バトル映画の醍醐味を掛け合わせるというハイブリッドの意外性。ツカミは十分だ。コング映画の要素から、美女と野獣のロマンスと都市上陸大破壊のスペクタクルを配して見せ場を神秘の島に限定し、野生のコングの生命力と戦闘能力をそそり立たせた。怪獣どもの造形はオリジナリティに富んでいる。小気味よいテンポで魅せる、スピーディーかつ多彩な肉弾戦の組み立て。70年代カルチャーや日本発のサブカル、ゲーム世代の感覚の取り込み。『ラ・ラ・ランド』のチャゼル監督と同じ32歳の俊英ロバーツ監督が生み出した、ポップな「ラ・ラ・怪獣ランド」は、最強のエンターテインメント映画だ。

  • くれい響
    1本立なのに、「チャンピオンまつり」
    ★★★★
    »読む«閉じる

    3年後に控える“対ゴジラ戦”の前哨戦程度で観ると、ド肝を抜かれる。「闇の奥」いうか『地獄の黙示録』から始まって、使徒にカオナシ、『食人族』に「ワンダと巨像」まで、オタ監督のやりたい放題全部乗せ!そんなとんでもない怪獣映画を作ったジョーダン・ヴォート=ロバーツは才能も、アヤしい風貌も、一気に“第二のデル・トロ”として名乗りを上げた感アリ。しっかりエロいブリー・ラーソンにしろ、キャラのほとんどが登場シーンで笑いを取る演出もあり、監督デビュー作『The Kings of Summer』の学生同様、大自然で楽しんでいるようにしか見えない。そのため、緊迫感はほぼゼロ。でも、楽しいからいいんです!

  • 山縣みどり
    めちゃくちゃ大金をかけたBムービー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    サミュエル・L・ジャクソンがキャストされた瞬間にわかるべきだったが、莫大な金かけて作った『スネーク・フライト』的なB級映画! キングコングのいる島に勝手に乗り込んで、あっという間に部下をやっつけられたサムジャクが “あいつと俺の問題になった”と睨みつける瞬間からトムヒは単なる脇役に! そもそもトラッカー能力を買われたのに道に迷うトムヒってどうなのか? という点を脇に置蹴るのもキングコングの暴れっぷりが素晴らしいから。『GODZILLAゴジラ』チームの製作だけあって、本物のゴリラが巨大化したような俊敏でパワフルな彼と禍々しい造形とパワーを持つ宿敵スカル・クローラーのガチンコ勝負でもう満腹! 

  • 平沢 薫
    キングコングが新しい!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     またキングコング?と思ってはいけない、今回のコングは新しい。この巨猿はまだ若く、成長期にあるという設定なのだ。テリトリーを引き継いで張り切っている、元気いっぱいの暴れん坊で、従来のコングのように悲哀を背負ったりしない。アクションも身体を使って格闘する日本の怪獣映画の系譜だ。
     コングの敵が爬虫類系の架空生物なのも正解。この敵と対比すると、哺乳類のコングは圧倒的に人間に近い。そこにサミュエル・L・ジャクソンが登場、コングと正面からガンを飛ばし合うと、もう2者の土俵は同じ。コングと人間を同じ立ち位置にするにはこの方法もあった。コングと一緒に熱くなる、日本版ポスターそのままの痛快怪獣映画だ。

予告編・動画

映画『キングコング:髑髏島の巨神』トムヒからのメッセージ&予告編
胸躍る巨大生物たち!『キングコング:髑髏島の巨神』予告編
ド迫力!『キングコング:髑髏島の巨神』予告編
『シン・ゴジラ』樋口監督×『キングコング』監督、「エヴァ」やゲームなどオタクトークに花を咲かす 『キングコング:髑髏島の巨神』のフッテージ上映プレゼンテーション

» 『キングコング:髑髏島の巨神』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015
  • 写真016
  • 写真017
  • 写真018
  • 写真019
  • 写真020
  • 写真021
  • 写真022
  • 写真023
  • 写真024
  • 写真025
  • 写真026
  • 写真027
  • 写真028
  • 写真029
  • 写真030
  • 写真031
  • 写真032
  • 写真033
  • 写真034
  • 写真035
  • 写真036
  • 写真037
  • 写真038
  • 写真039
  • 写真040
  • 写真041
  • 写真042
  • 写真043
  • 写真044
  • 写真045

(C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ポスター/チラシ

  • 映画『キングコング:髑髏島の巨神』ポスター
    ポスター

スタッフ

ストーリー: ジョン・ゲイティンズ
製作総指揮: エリック・マクレオド
共同製作・視覚効果プロデューサー: トム・ピッツマン
視覚効果シニアスーパーバイザー: スティーブン・ローゼンバウム
視覚効果スーパーバイザー: ジェフ・ホワイト

キャスト

ジェームズ・コンラッド:
プレストン・パッカード:
ビル・ランダ:
メイソン・ウィーバー:
ハンク・マーロウ:
ジャック・チャップマン:
ビクター・ニーブス:
ヒューストン・ブルックス:
スリフコ:
グンペイ・イカリ:
ジェームズ・コンラッド:
メイソン・ウィーバー:
レルス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キングコング:髑髏島の巨神』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • これぞ怪獣映画だ【映画レビュー】『キングコング:髑髏島の巨神』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年5月2日 23時11分)
    第二次世界大戦のさなか、南太平洋の島に墜落した飛行機から脱出した米兵は、同じく墜落によって島に降り立った日本兵に追われていました。 お互いに弾が尽きるまで銃を撃ち合い、米兵は森の中を日本刀を振りかざして追いかけてくる日本兵から逃げ続けますが、やがて崖の端にまで追い詰められます。 しかし、取っ組み合いになって相手を倒そうと争う二人は、ふいに同時に動きを止めます。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キングコング:髑髏島の巨神」 from 元・副会長のCinema Days (2017年4月22日 6時28分)
    (原題:KONG:SKULL ISLAND )とても楽しい時間を過ごすことが出来た。キングコングが登場する作品は(日本版も含めて)けっこうあるが、1933年の第一作を除けば大した作品は無かったように思う。しかし、ついに“本命”がここに登場した。怪獣映画のツボを押さえた... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』を次世代IMAXレーザー 3Dで鑑賞した感想 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2017年4月4日 23時0分)
    この島では人類は最弱。今回ご紹介する映画:『キングコング:髑髏島の巨神』原題:『KONG:SKULL ISLAND』製作:2017年アメリカ上映時間:1時間58分オススメ度:★★★★★(五つ星!) ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キングコング 髑髏島の巨神」:迫力の怪獣プロレス from 大江戸時夫の東京温度 (2017年4月2日 0時1分)
    『キングコング 髑髏島の巨神』は、現代のVFX技術で作った「怪獣プロレス」映画。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • キングコング:髑髏島の巨神 (2017) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2017年3月30日 3時40分)
    「キングコング(1933)」「キングコング(1976)」「キングコング(2005)」のリメイク。 キングコング映画ではヒロインが登場してコングと心を通わすのがお約束だが、本作では「ルーム(2015)」でオスカー女優となったブリー・ラーソンが演じている。コングを演じているのは兵士のチャップマンを演じているトビー・ケベル。 “モナーク(Monarch)”という組織名は「GODZILL... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月20日の週の公開作品
  3. 『キングコング:髑髏島の巨神』