シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

見どころ:SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活写する。新旧のブレードランナーを『ラ・ラ・ランド』などのライアン・ゴズリングと、前作から続投のハリソン・フォードが熱演。『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取り、前作の監督を務めたリドリー・スコットが製作総指揮に名を連ねている。

あらすじ:2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた。

ブレードランナー 2049

映画短評

  • なかざわひでゆき
    巨額の製作費を投じた壮大な芸術作品
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     相変わらず名作映画のリブートやら続編やらが跡を絶たない昨今のハリウッド。その多くが期待外れや企画倒れに終わってしまうのが現実だが、しかし本作は別格だ。もはや次元が違うと言ってもいいだろう。
     35年前にリドリー・スコットの作り上げた非の打ちどころのない世界観を踏襲するばかりか、さらにその先の先を行く先鋭的な映像美で観客を圧倒し、人間性の模索という普遍的なテーマをより深く掘り下げていく。
     言うなれば、巨額の製作費を投じた2時間43分の壮大な芸術作品。それだけでも今のハリウッドでは奇蹟だ。こだわり抜いたサウンドデザインも素晴らしい。是非とも映画館の大音響で堪能して欲しい。

  • 清水 節
    「2049年ピノキオの旅」それは孤独な自分探しの切実な叙事詩
    ★★★★★
    »読む«閉じる

      前作の謎に回答しつつ、根幹に曖昧さを残す巧妙な展開。170億円かけたエンターテイメントとアートの融合は、タルコフスキーやナボコフを引用しながら描く「2049年ピノキオの旅」だ。砂嵐が吹きすさび雪の舞い散る死にゆく世界で、感情を標準装備しても魂の虚ろな者が、不確かな記憶をよすがにアイデンティティを求めて彷徨う。独り苦悩し慰撫する主人公は、現実が侵食され身体性が希薄でディスコミュニケーションな我々に似ている。人間よりも人間らしい者たちが不意に流す涙が切ない。愛と人間性を問いかける実存的テーマは前作以上に深い。ディストピアSFとしてよりも、自己探求の切実な叙事詩として永く語り継がれることだろう。

  • 相馬 学
    レプリカントに孤独な“人間”をみる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     レプリカントが現代の人間のように思える場面は前作にもあったが、この続編はそれがより強い。理由は、主人公Kの内面が表現されているからだろう。

     バーチャルにロマンスのような慰安を求めたり、落胆したり、意志によって行動したり。そこにいるのは、もはや感情のないマシンではない。劇中では“奇跡”と表現される進化の賜物か。ともかく、差別され、疎まれるこのキャラに、人間的な孤独が見えてくる点がいい。

     もちろんこれは一面的な見方で、創造主の哲学をはじめとする思想性や、圧倒的な映像美など見どころは多い。が、不覚にもラストに涙した身としては、この豊潤な傑作の“人間ドラマ”の部分をアピールしておきたい。

  • 山縣みどり
    人間が考える葦ならレプリカントは?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    35年前の公開後から何度も企画された続編がついに実現! 壮大にしてスタイリッシュな映像美や躍動感あふれるアクションで包み込んだ深遠な問題提起??アイデンティティが意味するものや人間性、ひいては人生とはなんたるか???は前作から引き継がれている。より哲学的な印象が強いと感じたのは、『メッセージ』のD・ヴィレヌーヴ監督という刷り込みのせいかも。ライアン・ゴズリング演じるKの物語と前作の最後に姿を消したデッカード&レイチェルの物語が非常に巧みにつながった。ただし謎めいた科学者ウォレスの物語は決着せず、「続くの?」と思った次第。レプリカント開発で神の領域に達したがっている彼の野心の行方が気になる。

  • くれい響
    “知る覚悟はあるか”はマニアに向けた警告でもある。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    年号が付いたことで、アルバトロス感強めだが、ここまでやられると、ぐうの音も出ない。そのスゴさは同じハリソン・フォードのハマリ役復帰作『フォースの覚醒』と比較すれば一目瞭然。“歴史は繰り返す”テーマの下、マニアが観たい場面で構成したJ・Jに対し、ヴィルヌーヴはマニアが観たい観たくないに関わらず、完全な続編で挑んだ。話題になった“デッカード=レプリカント説”を嘲笑うかのように主人公Kがレプリカントである設定を筆頭に、神格化された前作にザクザク切り込んでいく。まさに“知る覚悟はあるか”のコピーそのものだが、これが観たかった、そしてリドリー・スコットが撮ってもおかしくない続編なのだから敬服しかない。

  • 斉藤 博昭
    映画史上最高の続編かもしれない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    すでに伝説となっている物語の「続き」に、いったい何を期待すればいいのか? しかし35年を経て出現したこの続編は、最初から最後まで極上アートのような映像と、前作の世界観を受け継ぎ、広げる強靭な意識によって、2時間43分、恍惚とした時間に浸らせてくれた。
    そして結末を目の前にしたときの激しい胸のざわめきも言いようがないレベル。人間は何のために生きるのか。虚しさの向こうに人生で待つものは?
    『ラ・ラ・ランド』もそうだったが、表情変化の乏しさゆえの果てしない悲しさを表現できるライアン・ゴズリング。その持ち味がここまで巧妙に生かされていたことにも衝撃を受けた。

  • 平沢 薫
    すべての要素がオリジナル作に直結、かつ展開されている
    ★★★★
    »読む«閉じる

     全方位対応。気候、風景、ガジェット、キャラクター設定、セリフ、ストーリー---あらゆる要素に、"オリジナル作のあの部分を踏まえてこう展開したのか"と思わせる部分がある。すべてがオリジナル作と直結し、かつアップデートされているのだ。
     そのうえで、ストーリーには監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが得意とする物語構造の巧みさ、驚愕の展開がプラスされている。  
     そしてそのすべてが、オリジナル作の向こうにあるその原作小説、フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」のテーマ、"人間を人間たらしめているものは何か"に収束されていく。この原点回帰にこの続編の真髄がある。

予告編・動画

新旧ブレードランナーがタッグ『ブレードランナー2049』予告編
映画『ブレードランナー2049』予告編
『ブレードランナー 2049』新予告!新たな登場人物にも迫る!
渡辺信一郎監督「ブレードランナー ブラックアウト 2022」予告

» 『ブレードランナー 2049』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

ポスター/チラシ

  • 映画『ブレードランナー 2049』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『ブレードランナー 2049』3Dホログラム プリズム(※数量限定、無くなり次第終了、写真はイメージです)
    3Dホログラム プリズム(※数量限定、無くなり次第終了、写真はイメージです)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロダクションデザイン: デニス・ガスナー
視覚効果監修: ジョン・ネルソン
衣装デザイン: レネー・エイプリル

キャスト

リック・デッカード:
ジョシ:
アナ・ステライン:
ミスター・コットン:
サッパー・モートン:
ニアンダー・ウォレス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ブレードランナー 2049』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 雰囲気イケメン「ブレードランナー 2049」 from トレッドストーンblog (2017年11月19日 22時1分)
    原題は BLADE RUNNER 2049。 前作「ブレードランナー」を見たときは当時の年齢のせいもあってか内容がよく分からなくて 雰囲気イケメンなイメージだったから、今回はどんな感じかな(?)と思って見たらやっぱり 雰囲気イケメンな映画だった。 いや、もちろんちゃんとス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 35年目の奇跡~「ブレードランナー2049」、あるいは頭脳の映画。 from エンターテイメント日誌 (2017年11月16日 21時17分)
    評価:AA (最高評価はAAA) リドリー・スコット監督「ブレードランナー」が日 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ブレードランナー 2049  大変残念なことに、本年度ワースト候補。何でコウナッタ?!? from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年11月7日 0時1分)
    まず行く前に見直した第1作。 時代設定にまず驚き!だったのが、1作めの設定は2年後の2019年(笑) なぜこのタイミングで、リドリースコットが続編を公開したかったワケがわかったような(笑) 時代に追い抜かれてしまう前に、先に行きたかったのででは?! で内容。 当時うっすら記憶していたイメージに近く「雰囲気を楽しむ映画」という感想。 あと前のアップでは書かなかったが、クライマックスでまた驚き。 ここで、TDKのプレイスメント!?! (まだそんな時代じゃないので. ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブレードランナー 2049 評価と感想/元の世界観の完コピぶりが凄い from eigamanzaiの映画レビュー (2017年11月6日 15時57分)
    しかし話は面白くなかった ☆4点 フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に1982年に制作された『ブレードランナー』の続編でオリジナルの30年後の世界を描く。製作総指揮リドリー・スコット、監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演ライアン・ゴズリング 予告編 映画『ブレードランナー2049』日本版予告編待望の日本版予告編、遂に解禁ー 映画 『ブレードランナー 2049』 10月27日(金)公開 公式サイト: 公式Facebook: 公式Twitter:https:...w&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年11月5日 23時28分)
    映画『ブレードランナー2049』は、前作('82)の35年後に作られた堂々たる続 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月23日の週の公開作品
  3. 『ブレードランナー 2049』