シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
ムーンライト
(C) 2016 A24 Distribution, LLC
英題:
MOONLIGHT
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年3月31日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー

見どころ:ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。監督は、短編やテレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。『マンデラ 自由への長い道』などのナオミ・ハリス、『グローリー/明日への行進』などのアンドレ・ホランドらが出演。逆境の中で懸命に生きる主人公に胸を打たれる。

あらすじ:マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。

ムーンライト
(C) 2016 A24 Distribution, LLC

映画短評

  • 相馬 学
    ブルーに生きるか、ブラックに生きるか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     家は貧しく、母は麻薬中毒、学校ではイジメられ、自分はゲイ。生きにくい環境をあたえられた少年の物語ではあるが、悲劇性を押し付けはしない。

     “ムーンライトに照らされると黒人の少年も青色に見える”とは劇中のセリフ。しかし主人公は“ブルー”ではなく“ブラック”として成長する。“お涙頂戴”ではなく“共感”を引く物語になりえたのは、痛みの中で大人になる、そんな人間の強さが常に物語のベースになっているから。

     主人公の疎外感をリアルに伝えるうえで、入れ込まず突き放さず、観察者の視点に徹したビジュアルの効果は大きい。それでいて水泳シーンに代表される詩的映像美も兼備。作り手の繊細な感性が光る逸品だ。

  • くれい響
    オスカー逃した『ラ・ラ・ランド』勢も納得の力作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これまでのブラックスプロイテーション映画とは一線を画す、シンプルで、美しく、せつないラブストーリー。同じブラピ率いるプランB作品『それでも夜は明ける』同様、人種問題の痛みに加え、LGBTも描いているため、かなりヘビーになるはずなのに、ならないのは新鋭監督の放つ、強いアート性にほかならない。息を呑む映像美はもちろん、『ブエノスアイレス』『トーク・トゥ・ハー』でおなじみの「ククルクク・パロマ」を流すベタさに加え、オーケストラの生演奏をチョップ&スクリューする手法も取り入れた、音楽センスも抜群。出番が少なかろうが、マハーシャラ・アリのオスカー受賞は納得すぎるし、『ラ・ラ・ランド』より断然こちら!

  • なかざわひでゆき
    ヌーヴェルヴァーグ的リアリズムは見る人を選ぶかも
    ★★★★
    »読む«閉じる

     黒人として、ゲイとして、自らのアイデンティティを模索する主人公の姿を、少年期・思春期・青年期の3幕に分けて描いていく。イジメに家庭内暴力、ネグレクト、麻薬、貧困など彼を取り巻く状況は過酷で悲惨だが、しかしバリー・ジェンキンス監督はあえてドラマチックなアプローチを避け、それらを一歩引きながら冷静に見つめていく。
     普通であればここから盛り上げたり感動させたりするような場面でも、そこへ至る前にプッツリと次のシーンへ切り替える。その淡々としたリアリズムは、ヌーヴェルバーグ的とも言えよう。そういう意味では、恐らく見る人を選ぶ作品だと思うし、オスカー作品賞の受賞についても賛否あるのではないだろうか。

予告編・動画

アカデミー賞候補作!『ムーンライト』本国予告編
アカデミー賞作品賞!『ムーンライト』日本版オリジナル予告

» 『ムーンライト』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) 2016 A24 Distribution, LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『ムーンライト』ポスター
    ポスター
  • 映画『ムーンライト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ムーンライト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ムーンライト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ムーンライト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ムーンライト』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ムーンライト』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
エグゼクティブプロデューサー: ブラッド・ピット

キャスト

大人になったケヴィン:
10代のシャロン:
10代のケヴィン:
ポーラ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ムーンライト』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ムーンライト」 from ここなつ映画レビュー (2017年4月17日 18時40分)
    地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品賞受賞作品だという事のみであった。ストーリーも展開もテーマも、ここまで何も知らずに観に行った作品は久方ぶりである。「好きな俳優が出てるからー」とか「◯◯監督の作品だからー」とか「香港(イタリアでもフランスでも何でも当て嵌められる)映画だからー」とかそういうものも一切持たず、ある種の潔さを持って鑑賞。しかしそういった点では「アカデミー賞作品賞だか ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ムーンライト」 from 元・副会長のCinema Days (2017年4月17日 6時39分)
    (原題:MOONLIGHT )胸を締め付けられるほどの切なさと、甘やかな感慨が横溢する、まさに珠玉のような映画だ。オスカー受賞作がすべて優れた映画だとは言えないが、この低予算映画に大賞を与えた映画芸術科学アカデミーの会員達に、今回ばかりは敬意を払いたい。  ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ムーンライト Moonlight 当ブログ的にこの映画のテーマは「愛」ではなく、「負の連鎖」。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年4月7日 23時26分)
    3部で構成される、黒人少年の成長?記。 主人公はなんと!、常に「寡黙」 全くアメリカ人っぽくない(笑) なぜそうなったかは少年の家庭がまず大きい。 片親の母親はドラッグにふけり、オトコを家に連れ込む。 そんな環境に置かれるうちに、「いじめ」にあい、どんどん内緒的に陥っていく... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ムーンライト』評価と感想/4月4日 オカマの日 新宿にて from eigamanzaiの映画レビュー (2017年4月5日 17時10分)
    ゲイとバイの十年愛 ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ ムーンライト映画『ムーンライト』の作品情報:ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。監督は、短編やテレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。www.cinematoday.jp ムーンライト|映画情報のぴあ映画生活『ムーンライト』は2016年の映画。『ムーンライト』に対するみんなの評価やクチコミ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ムーンライト」がアカデミー作品賞を受賞した歴史的意義についての考察 from エンターテイメント日誌 (2017年4月5日 13時20分)
    評価:A 映画「ムーンライト」を一言で評するなら「お前は誰だ?」という問いに対し ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月27日の週の公開作品
  3. 『ムーンライト』